「人手不足」と「人材不足」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人手不足」と「人材不足」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人手不足」「人材不足」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人手不足」とは?

「人手不足」の意味と使い方について紹介します。

「人手不足」の意味

「人手不足」「ひとでぶそく」と読みます。

意味は「必要とする労働者の数が不足している状態のこと」です。

「人手不足」の使い方

「人手不足」は、やるべき作業に対して、必要な労働者の数が不足している状態のことを言います。

企業で、達成しなければならない仕事がある時に、その作業をこなすのに必要とされる労働者の絶対数が不足している状態に使われます。

「人手」「人間のしわざ」「働き手」「他人の力」「他人の所有」という意味があり、「人手不足」「働き手が足りないこと」という意味です。

必要とする人材に特別な能力は求められておらず、とにかく人数が足りなくて困っている時に使われる表現です。

「人材不足」とは?

「人材不足」の意味と使い方について紹介します。

「人材不足」の意味

「人材不足」「じんざいぶそく」と読みます。

意味は「能力のある労働者が足りないこと」です。

「人材不足」の使い方

「人材不足」は、その職場に、役に立つ人や優秀な人が足りない状態のことを言います。

人数的には足りているのですが、高いレベルの人が少ないので、頑張っても中々成果が出ない時に使われます。

「人材」「才能があり、役に立つ人」「有能な人物」という意味です。

誰でもいいという訳ではなく、知識や経験、スキルがあり、判断力に優れていて、会社に大きく貢献してくれる人物が足りなくて困っている時に使われる表現です。

「人手不足」と「人材不足」の違い!

「人手不足」「単純に必要とする労働者の数が足りない状態のこと」です。

「人材不足」「能力がある労働者が足りない状態のこと」です。

まとめ

今回は「人手不足」「人材不足」の違いをお伝えしました。

「人手不足は人数が足りない」「人材不足はデキる人が足りない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典