スポンサーリンク

「人手不足」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人手不足」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人手不足」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人手不足」の意味

「人手不足」とは、「仕事をスムーズに遂行するための労働力・マンパワー(人員)が足りないこと」「仕事量・労働需要に対して人員が明らかに不足しているさま」を意味している英語です。

「人手不足」の解説

「人手不足(ひとでぶそく)」という言葉は、「職場の仕事(業務)を円滑に進めるための労働力・人員が足りないさま」を意味しています。

「人手不足」という表現の「人手」には「働く人・労働の担い手・労働力・雇われて働く人」の意味があり、「不足」「足りないこと・供給に対して需要のほうが大きいさま」を意味しています。

「人手不足」という雇用・経営の状況は、「思いがけない好景気」「自社の消費・サービスの急速な需要拡大」によって起こりやすくなります。

すでに雇っている人員・人材(社員)のマンパワー(労働力+人数)だけでは、仕事をスムーズにこなせなくなった状態のことを「人手不足」というのです。

「人手不足」の使われ方

「人手不足」という言葉は、「職場の仕事(業務)をスムーズに進めるための労働力・人員(人数)が足りない時」に使うという使われ方になります。

「人手不足」というのは、「今、雇っている人員・人材だけでは円滑な業務遂行ができない時」「急激な需要拡大(仕事量の増大)に、現在の人員・人材だけでは適切に対応できない場合」に使われる表現なのです。

例えば、「人手不足で生産スピードが落ちており、とても納期には間に合わないでしょう」などの文章で使うことができます。

「人手不足」の例文

「人手不足」の例文を紹介して、その意味を解説します。

「医療・介護・ITに関連する業界は、慢性的な人手不足になりやすい業界なのです」 この例文は、「医療・介護・ITに関連する業界は、慢性的に仕事の需要に対して雇用の供給が追いつかない状態(円滑に日常の業務を遂行するための人員・労働力が足りていない状態)になりやすい業界です」ということを意味しています。

「人手不足」の例文2を紹介して、その意味を解説します。

「社長が人手不足を解消する追加雇用の対策を打たないため、現場で働いている社員たちは疲れきっています」 この例文は、「社長が、現場の仕事量に対してマンパワー(人員)が足りないという状態を解消する追加雇用の対策を打たないため、現場で働いている社員たちは疲れきっている」ということを意味しています。

「人手不足」の類語・言い換え表現

「人手不足」の類語・言い換え表現として、「労働力不足」「人員が足りない」「人材不足」「人手がほしい」「猫の手も借りたい」「ヘルプがほしい」などがあります。

「人手不足」という経営用語は、「職場で働いてくれる人の数やその労働力が不足しているさま」「仕事を円滑に進めるための人材・人員が足りないこと」を意味しています。

また「人手不足」には、「労働力が足りないために、猫の手も借りたいほどに忙しい」といったニュアンスもあります。

それらの意味合いから、「人手不足」と同じような意味を持っている類語・言い換え表現として、「労働力不足」「人員が足りない」「人材不足」「人手がほしい」「猫の手も借りたい」「ヘルプがほしい」を挙げられます。

「人手不足」の対義語

「人手不足」の対義語として、「労働力の飽和」「人余り(ひとあまり)」「余剰人員」「人手が足りている」「リストラの必要」「雇用環境悪化」などがあります。

「人手不足」とは、「雇用市場で労働需要が供給を上回っているさま・リストラどころか人員や人手が足りないこと・雇用環境が良いさま」といった意味合いを持っています。

それらの意味合いから、「人手不足」と反対の意味を持つ対義語として、「労働力の飽和」「人余り(ひとあまり)」「余剰人員」「人手が足りている」「リストラの必要」「雇用環境悪化」を挙げることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典