スポンサーリンク

「人気者」と「モテる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人気者」と「モテる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人気者」「モテる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人気者」とは?

「人気者」の意味は以下の通りです。

1つ目は「多くの人に好かれて、もてはやされる人」という意味で、他人からの好感度が高く、多くの人からほめたたえられる人のことを言います。

2つ目は「世間一般で好かれている人」という意味で、テレビやネットで顔や名前が知られて、世間の人々から応援される人のことを言います。

上記に共通するのは「人から好かれる」という意味です。

「人気者」の使い方

「人気者」「多くの人に好かれて、もてはやされる人」「世間一般で好かれている人」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「人気者だ・である」と使われることが多くなります。

基本的に、大勢の人から好かれて褒められたり応援される人のことで、タレントやモデルなど、メディアを通じて世間一般の人に支持されている人も含まれます。

「モテる」とは?

「モテる」の意味は以下の通りです。

1つ目は「保たれる」という意味で、ある状況が維持されることを言い、こちらが元の意味になります。

2つ目は「人から好意を持たれる」という意味で、特に異性に好かれてちやほやされることを言います。

3つ目は「良い扱いを受ける」という意味で、人に気に入られて特別扱いされることを言います。

「モテる」「持てる」が語源で、「保たれる」という意味が「支えられる」になり、「支持される」「異性に好かれる」という意味で使われる様になりました。

「モテる」の使い方

「モテる」「保たれる」「異性に好意を持たれる」「良い扱いを受ける」という意味で使われます。

動詞として「モテる・モテた」「モテる・モテない」と使われたり、副詞として「モテて」と使われたり、名詞・形容動詞として「モテモテ」と重複させて使われたりします。

基本的に、異性から好かれてちやほやされたり、人から好かれて良い扱いを受ける時に使われる言葉です。

「モテる」とカタカナが混ざる時は、異性に好かれるという意味で使われることが多くなります。

「人気者」と「モテる」の違い

「人気者」「人から好かれてもてはやされる人」という意味です。

「モテる」「異性に好かれてちやほやされる人」という意味です。

「人気者」の例文

・『彼は頭が良くて明るいのでクラスの人気者だ』

・『彼女は宴会で部長の物まねをして一気に人気者になった』

・『彼は人気者で、いつも大勢の友達に囲まれている』

・『学校で一番の人気者になぜか好かれている』

「モテる」の例文

・『彼女は女子校でもモテる存在らしい』

・『彼はイケメンなので合コンで必ずモテる』

・『どうして自分は異性にモテないのか悩んでいる』

・『モテる男の必須条件を教えて欲しい』

まとめ

今回は「人気者」「モテる」について紹介しました。

「人気者」「人から好かれる」「モテる」「異性に好かれる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典