スポンサーリンク

「人生台無し」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人生台無し」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お笑い芸人の話を聞いていると、聞き慣れない言葉が出てくることもあります。

この記事では、「人生台無し」の意味を分かりやすく説明していきます。

ボキャブラリーを少しずつ増やして、会話の達人になっていきましょう。

スポンサーリンク

「人生台無し」とは?意味

「人生台無し」とは、これまで積み上げてきたものが、ガラガラと崩れてしまうこと。

他人から見たその人の印象が大きく変わったり、悪い行動をして自分の一生を棒に振ったりすることです。

「人生台無し」には「台無し」という、フレーズが入っています。

「台無し」を使った文章には「出かける予定だったのに、雨で台無しになっちゃった」などがあります。

この場合の「台」とは、仏さまの台座のこと。

台座が置かれていないと、どんなに立派な仏さまも価値がないもの、貧相なものに見えてしまいます。

そこから、水の泡になること、無駄になることを「台無し」と呼んでいます。

これまで歩んできた人生が、すべてズタズタになることが「人生台無し」です。

「人生台無し」の概要

「人生台無し」というフレーズは「毒親」という言葉がひろまって、さらに定着してきた言葉です。

子どもの人生を台無しにしてしまう、つまり破壊してしまうような人物を「毒親」ということから、SNSなどで呟かれるようになりました。

最近では、むやみやたらに危害を加えてくる人を「人生台無しにしてくる人」という場合もあります。

話しあっても分かり合えない人には、自分を守るためにも、優先的に離れていくことが大切。

距離をおくことで、自分らしさを見つけられ場合もあります。

「人生台無し」の言葉の使い方や使われ方

「人生台無し」は次のように用います。

・短気な性格が災いして、結婚も仕事も人生台無しになった。

・彼の人生を台無しにしたものが、母親の存在だ。

「人生台無しなんて言わないで。そのうち良いこともあるよ」 人生台無しは自分のおこない、他人のおこないによって人生をメチャクチャにされることです。

そのため恨みつらみを言いたいシーンで使います。

また落ち込んでいる友達に「そんなことないよ」と励ましたい時にも利用します。

使い方によって、与える印象が大きく変わる言葉です。

「人生台無し」の類語や言いかえ

「人生台無し」の類語には、次の言葉もあります。

・人生を棒に振る
・水の泡になる
・人生をめちゃくちゃにされる
・九仞の功を一簣にかく
似た言葉には「人生を棒に振る」「水の泡になる」があります。

ちなみに「九仞の功を一簣にかく」とは、どんなにコツコツ積み重ねてきたものも、一瞬で崩れ去ってしまうことです。

まとめ

「人生台無し」の意味や使い方をおさらいしました。

「人生台無し」とは人生がすべてダメになるくらい、打ちのめされることです。

どんなにつらい状況になっても、最後のひと筋くらいは、希望の光を見つけていきたいもの。

「人生台有り」に変えて、最後はハッピーで終わりたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典