スポンサーリンク

「人生山あり谷あり」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人生山あり谷あり」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人生の変動を表す言葉には「人生山あり谷あり」があり、これは様々な場面で使われることで有名です。

この記事では、「人生山あり谷あり」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人生山あり谷あり」とは?意味

「人生山あり谷あり」とは、人生におけるイベントには様々な種類があり良いものから悪いものまで豊富であるという意味の言葉です。

山を頂点として良い時期を示す意味や谷をどん底として悪い時期を表す意味として使われることが多く、様々な例えとして使用されています。

「人生山あり谷あり」の概要

「人生山あり谷あり」は、波乱万丈な人生を表す言葉として使われることが多く、良い時もあれば悪い時もあるので、臨機応変に対応していくことが必要になります。

人によっては山も谷もそれぞれ平坦な道と比べると困難なものとなっており、どちらも大変な時期と捉える人も存在します。

山や頂上の見晴らしは非常に良いものであり事態が好転した時の例えとして用いられます。

一方谷は底が深く落ちると危険なことから悪い状態になった時の例えとして用いられます。

この2つの状態を繰り返すのが「人生山あり谷あり」であり、人によってはどちらもトラブルの種として認識されるケースも存在します。

「人生山あり谷あり」の言葉の使い方や使われ方

「人生山あり谷あり」は、人生には良い時もあれば悪い時もあるので、ネガティブな場面に陥っても諦めないで欲しいという励ましの言葉としてよく使われます。

また、人生には様々なライフステージが存在しており、谷に落ちてしまう時期は必ず来るので前もって準備しておくべきだという教訓的な意味としても使用されます。

山からの景色は綺麗なものであり価値のある存在という意味の一方で、山に登るのは下るよりも難しいことから、人生はどんな場合でもトラブルが多く波乱万丈であるという意味も持ち合わせています。

「人生山あり谷あり」の類義語としては「禍福は糾える縄の如し」という言葉があり、こちらは不幸と幸福は縄のように絡み合っている状態を表す言葉として有名です。

「人生山あり谷あり」を使った例文(使用例)

・『そのハリウッドスターは人生山あり谷ありの経歴を語っており、非常に感銘を受けた』
・『人生山あり谷ありという言葉があるが、自分はどちらかというと平坦な道を歩いていきたい』
・『辛酸をなめることが多かったが、人生山あり谷ありと考えるならば未来はきっと明るくなると思っています』

まとめ

人生が満遍なく順調という人は稀であり、多くの人は「人生山あり谷あり」という変動のある生活を送ります。

この言葉にはどん底のような谷の時期でも希望を諦めずに山を目指す姿勢は非常に大切なものであり、悪い時期は決して長続きしないので深刻に思う必要はないという教えも存在します。

トラブルの連続という意味で「人生山あり谷あり」を使う人もいますが、それでも人生は悪いことだけではないと考えるのは大切な気持ちなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典