「人間模様」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人間模様」の意味

「人間模様」とは複雑な人間関係を、織物の縦、横の糸が織りなす模様にたとえた言葉となります。

「人間模様」の読み方

「人間模様」の読み方は、「にんげんもよう」になります。

「人間模様」の表現の使い方

「人間模様」の表現の使い方を紹介します。

「人間模様」とは複雑な人間関係を織物に例えて言う言葉となります。

ドラマや小説などは様々な「人間模様」を描いているものだと言ってもいいでしょうし、バラエティ番組などで密着取材などをするものは、作り物ではない、本物の「人間模様」を知ることができる番組とも言えるでしょう。

学校、会社といった組織においても「人間模様」はあります。

つまり複数の人が集まる場においては様々な人間関係ができますので「人間模様」という言葉はよく使われる言葉とも言えます。

「人間模様が描かれる」「人間模様が繰り広げられる」「様々な人間模様を見てきた」などと使います。

「人間模様」を使った例文と意味を解釈

「人間模様」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「人間模様」を使った例文1

「長いこと、この会社にいて、色々な人間模様を見てきた僕から言わせてもらうと君はいいように利用されているだけだ」

「人間模様」とは複雑な人間関係のことであり、織物の縦、横の糸が織りなす模様に例えているのです。

それはつまり上下関係であったり、横の繋がりのことです。

例文はそのような人間関係を長年見てきたからこそ、わかるということを言い表しているのです。

「人間模様」を使った例文2

「このドラマが描く人間模様は、現実の世界でも本当にありそうでちょっと怖い」

ドラマ、小説といったものが描く人間の姿や、人間関係のことを「人間模様」という言葉で言い表すのですが、例文は作りものとはわかっていても現実でも起こりそうで怖いと言っているのです。

「人間模様」の類語や類義語

「人間模様」の類語や類義語を紹介します。

「人間関係」【にんげんかんけい】

「人間関係」とは、人と人の関係性のことを言います。

友人同士、恋人、親子、敵対している者同士、それらはすべて「人間関係」という言葉で言い表すことができるのです。

「人間関係が悪い職場ではストレスが溜まる」「私は人間関係を築くのが苦手な性格です」などと使います。

「それぞれの事情」【それぞれのじじょう】

「それぞれの事情」とは個々が抱える問題、表面からはわからない背景、状態といった意味になります。

「それぞれの事情があるだろうから、あまり厳しいことは言いたくはない」「それぞれの事情がある者同士だからこそわかり合える」などと使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典