スポンサーリンク

「人類滅亡」と「世界滅亡」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人類滅亡」と「世界滅亡」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人類滅亡」「世界滅亡」は似たような意味の言葉ですが厳密には違いがあります。

どちらも絶望的な状況に変わりはないですが、細かい違いがあります。

今回はその「人類滅亡」「世界滅亡」の違いを説明します。

スポンサーリンク

「人類滅亡」とは?

「人類滅亡」というのはどういう状況を指すのかといういうとその名前の通り世界に存在する人類が滅亡してしまった状況を指します。

なので、人類の繁栄こそなくなった世界ですが 世界自体は相変わらず存続しています。

あくまで滅亡したのは人類という状況が「人類滅亡」です。

ですが、他の生物は生息していて人類がいなくなった世界は続いていくことになります。

「世界滅亡」とは?

「世界滅亡」というのはその名前の通りに世界が滅亡してしまった状況を指します。

「世界滅亡」は地球全体で生物が生息するのが困難な状況になってしまってほぼ世界に存在する生物が残ってない状況になります。

これは海も陸も関係なくすべての動植物が死滅した状況なので、もう世界の再生は見込めないです。

「人類滅亡」と「世界滅亡」の違い

「人類滅亡」「世界滅亡」の違いは何かというと、「人類滅亡」の場合は人類だけが滅亡していて、「世界滅亡」の場合は人類だけでなく世界に存在するあらゆるものが滅亡しているという違いがあります。

なので、「人類滅亡」「世界滅亡」も人類は滅んでいるという点では同じですが、より深刻な状況なのは「世界滅亡」という状況になります。

まとめ

「人類滅亡」「世界滅亡」はよく同じ意味で使われる言葉ですが、同じ滅亡でもその規模や被害状況は全く違うと言っても過言ではないです。

「人類滅亡」はあくまで人類だけが滅亡しているので地球全体で考えると被害は小さいです。

ですが、「世界滅亡」だと世界のあらゆるものが死に絶えてしまっているのでその被害は甚大です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典