スポンサーリンク

「今朝」と「午前中」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「今朝」と「午前中」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「今朝」「午前中」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「今朝」とは?

今日の朝という意味です。

この朝のことになります。

読み方は、「けさ」ですが、「こんちょう」と読む場合もあります。

英語でいうときには、“this morning”になります。

朝は、夜明けから正午頃までの間を指しますが、一般的には、午前6時頃から10時くらいまでを表します。

「今朝」の使い方

今日の朝を指すときに使用します。

「今朝、雪が降った」や、「今朝は」「今朝から」などと使用します。

今日の朝ごろのことを、「今朝程」【けさほど】、「今朝方」【けさがた】という言い回しもします。

「午前中」とは?

「ごぜんちゅう」と読み、正午よりも前の時間を指します。

午前のうちのことを意味しています。

午前が始まってから、正午になるまでの間の時間を指す言葉です。

「午前中」が始まる時間は、朝起きてからということもありますし、午前0時からのこともあります。

天気予報などで、今日の「午前中」という場合には、その発表の後から正午までを指します。

「午前中」の始まる時間は場合により違いますが、終わる時間は正午です。

英語でいうときには、“in the morning”などになります。

「午前中」の使い方

午前から正午までの間を指すときに使います。

どちらかというと、始まる時間よりも終わる時間に重きを置いて使用することが多くなります。

「午前中に荷物が届く」という場合、朝の何時くらいから届くのかはそれほど伝わりませんが、正午までに届くことは、しっかりと伝わります。

「午前中」という言い方はよくしますが、「午後中」という言い回しはあまり使用されません。

それは、「午後中」と言った場合には、始まる時間は正午で間違いありませんが、終わる時間は曖昧になってしまうからです。

「今朝」と「午前中」の違い

「今朝」は、今日の朝、この朝という意味があります。

明日の朝や、昨日の朝に対して「今朝」と言うことは出来ません。

それに対し、「午前中」は、今日の午前にも使えますし、明日の午前に対しても使えます。

また、「午前中」の場合には、午前が始まってから正午までの、継続した時間を指す言葉になります。

「今朝」の例文

・『今朝、庭に綺麗な小鳥が来ました』

・『今朝起きた時から咳が出るので、体温を測ってみた』

・『新しいパソコンの操作に慣れてきたのに、今朝はフリーズしてしまった』

・『今朝のニュースを見て、驚いた』

「午前中」の例文

・『午前中は出社して会社で働き、午後は自宅で働く』

・『夕食の下準備を午前中に行う』

・『とても眠いので、どうしても午前中に起きられない』

・『初詣は、午前中に行きましょう』

まとめ

「今朝」「午前中」は、今日の朝かどうかの違いがあります。

また、「今朝」はどちらかというと早い時間を指し、「午前中」は、0時又は朝から正午までの間を指す言葉です。

違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典