「仔犬」と「子犬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仔犬」と「子犬」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仔犬」「子犬」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仔犬」とは?

「仔犬(こいぬ)」とは、「犬の子供・犬の赤ちゃん」を意味している言葉です。

「仔犬」というのは、「まだ成犬になってない(成長して体が大きくなっていない)子供の犬・赤ちゃんの犬」を意味している表現です。

「仔」は常用漢字表に記載されていない漢字ですが、人間の尊称(尊敬を込めた表現)でもある「子」と明確に区別するために、「仔」が使用される用法があります。

そのため、「仔犬」と表記したほうが「子犬」よりも、「動物(犬)と人間の子供の区別」が明確になっているのです。

「子犬」とは?

「子犬(こいぬ)」とは、「まだ成犬ではない子供の犬・赤ちゃんの犬」を意味している表現です。

「子犬」という言葉は、「犬の子供・犬の赤ちゃん」を意味しているのです。

例えば、「生まれたばかりの子犬は本当にかわいくて仕方ありません」といった例文で使えます。

「子犬」「子」は常用漢字表に記されている一般的な漢字の一つであるため、新聞・テレビなどのマスメディアでは「子犬」の表記が使われています。

「仔犬」と「子犬」の違い!

「仔犬」「子犬」の違いを、分かりやすく解説します。

「仔犬」「子犬」もどちらも「犬の子供・赤ちゃん・まだ成犬になっていない子供の犬」のことを意味していますが、「仔犬」「仔」「常用漢字表に記載されていない漢字である」という違いがあります。

新聞・テレビなどのマスメディアでは、基本的に常用漢字ではない「仔犬」よりも常用漢字である「子犬」のほうが使用されています。

漢字の用法で「子」「人間の尊称(孔子・老子など)・子爵のような貴族の地位」に用いられていたので、「人間」「動物」を分かりやすく区別するために「子」「仔」の文字が当てられたと推測されています。

そのため、「仔犬」のほうが「子犬」よりも「動物(犬)の子供・赤ちゃんであること」が明確化されている違いがあるのです。

まとめ

「仔犬」「子犬」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「仔犬」とは「成犬ではない子供の犬・仔は常用漢字外の漢字で、人間の子供と明確に区別したい時に使う」を意味していて、「子犬」「成犬ではない子供の犬・犬の子供や赤ちゃん」を意味している違いがあります。

「仔犬」「子犬」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典