「仕事」と「業務」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仕事」と「業務」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仕事」「業務」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仕事」とは?

「仕事」の意味と使い方について紹介します。

「仕事」の意味

「仕事」「しごと」と読みます。

意味は「何かを成し遂げたり、作り出したりする為の行動」「生計とを立てる為の勤め」「行動の結果として得るもの」「悪事やたくらみ」「特に裁縫仕事」などがあります。

「仕事」の使い方

「仕事」には数多くの意味がありますが、基本的な意味は「人が社会生活を営む為に何らかの目的を持って行う活動のこと」という意味です。

それが「何かを成し遂げる為の行動」であったり、「生きる為に会社で働くこと」であったり、「人の為になる行動」であったり、時には「悪事を働くこと」であったりします。

基本的に自らの意思で行動することを言い、「ひと仕事終える」は、自分の目標を達成した時の状態を表します。

「業務」とは?

「業務」の意味と使い方について紹介します。

「業務」の意味

「業務」「ぎょうむ」と読みます。

意味は「日常的に継続して行われる職業上の活動」のことです。

「業務」の使い方

「業務」は、その人が与えられている役割で、継続して行う必要があるもののことを言います。

ビジネスで使われる言葉で、会社から与えられた自分がやるべきことです。

基本的に家庭での労働以外で、職業として「日常的に継続して行われるもの」に対して使われます。

「仕事」と同じ意味で使われることもありますが、「仕事」をする上で必要な活動が「業務」になります。

「仕事」と「業務」の違い!

「仕事」「人が社会生活を営む為に何らかの目的を持って行う活動のこと」です。

「業務」「日常的に継続して行われる職業上の活動のこと」です。

まとめ

今回は「仕事」「業務」の違いをお伝えしました。

「仕事は社会生活を送る為の活動」「業務は職業として与えられた役割」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典