スポンサーリンク

「仕事復帰」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仕事復帰」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仕事復帰」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仕事復帰」とは?意味

「仕事復帰」とは、「一定以上の期間にわたって休んだり辞めたりしていた仕事に戻って、再び働き始めること」を意味しています。

「仕事復帰」というのは、「ある程度長い休業期間が終わり、仕事・職場に戻ってもう一度働き始めること」を示している言葉なのです。

「仕事復帰」は、「自営業者・自由業者が休業期間を終えて仕事を再開すること」あるいは「会社員などのサラリーマンが休職期間を終え、職場に戻って仕事を再開すること」の二通りの意味を持っています。

「仕事復帰」の概要

「仕事復帰」という仕事・労働に関する表現は、「主に個人的事情によって、ある程度長い期間にわたって仕事を休んでいたり休業していたりした人がその仕事に戻って再び働くこと」を意味しています。

「仕事復帰」「休んでいたり辞めていたりした仕事をもう一度始めること」を示唆している言葉であり、「どんな雇用形態・働き方の人」であっても仕事を再開した場合には使うことができるのです。

「仕事復帰」「復職」とほぼ同じ意味を持つ同義語として解釈することができます。

ただし、「産休育休・病気や怪我の休養など会社の休職制度に基づく中長期の休みを取った後に、職場に戻ってまた働き始める場合」には「仕事復帰」よりも「復職」の表現を使うことが多くなっています。

「仕事復帰」に似た言葉に「職場復帰」もありますが、「職場復帰・復職」「自営業者・自由業者などではないサラリーマン(会社・役所に雇われている人)が休職した後、仕事・職場に戻った場合」に使われる言葉になります。

「仕事復帰」の言葉の使い方や使われ方

「仕事復帰」という言葉の使い方は、「一定以上の長期間にわたって仕事を休んでいたり辞めていたりした人が、その仕事に戻って再び働き始めること」を意味して使う使い方になります。

「復職」という言い方に比べると「仕事復帰」は、「サラリーマン(会社員・公務員)だけではなく経営者・自営業者・フリーランス(自由業者)でも使うことができる」という使い方の違いがあります。

そのため、「自営業者・フリーランスが復職する」という文章は、「サラリーマンとしての職場に戻ることの意味に合っていない」ために、やや不自然な使い方になります。

「仕事復帰」という表現のほうが、「雇用形態・職業に関係なく使える使い方の応用性・汎用性」があるのです。

「仕事復帰」を使った例文(使用例)

・『1ヶ月ほどパン屋を休業していましたが、来週から仕事復帰することを決めたので小麦粉や小豆などの仕入れの準備をしています。』

・『仕事復帰したい気持ちは十分にあるのですが、一度自律神経のバランスを大きく崩してからめまいやふらつきが改善しないのです。』

・『仕事復帰に当たっていくつかの障害がありますが、健康状態が改善したとしても職場の同僚たちが温かく迎え入れてくれるかが心配です。』

まとめ

「仕事復帰」という仕事・職業にまつわる表現の意味や概要について解説しましたが、いかがでしたか? 「仕事復帰」とは、「何らかの事情である程度の長い期間にわたって仕事を休んでいた人が、その仕事に戻ること」を意味しています。

「仕事復帰」という労働関連の言葉の意味を詳しくリサーチしたい人は、この記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典