スポンサーリンク

「仕業」と「始業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仕業」と「始業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仕業」「始業」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いや使い方をマスターして、ご自分のスキルアップや日常に役立ててみてください。

スポンサーリンク

「仕業」とは?

最初に「仕業」の意味をご説明致します。

「仕業」の意味としては、例えばですが工事現場やトラックへの荷物の積み込みの際に必要な機会の操作や運転や運行するという意味があります。

想像しやすいのが、フォークリフトでの荷物の積み込み等を思い浮かべるとイメージができるでしょう。

参考になれば幸いです。

「始業」とは?

次の項目では「始業」の意味を解説していきます。

「始業」の意味としては、先ず2つの意味がある事を抑えておいてください。

1つ目が、1日の仕事を始める事を意味しております。

2つ目としては、学校法人での学期が開始されることや、授業開始を意味しております。

「仕業」と「始業」の違い

この項目では「仕業」「始業」の違いを解説します。

基本的に読み方は、この2つは「しぎょう」と共通しておりますが、意味や使い方は全く違います。

上の意味を参照してくださると、違いはすぐに分かることでしょう。

前者の「仕業」というのは、基本的に法人組織の現場作業を意味しております。

その現場で機械や重機の操作が必要な時に、使われる意味があると理解してください。

一方で「始業」というのは、学校法人の新学期開始や授業開始を意味しております。

したがって使い方としてはこうなってくるのです。

前者の場合は、「先ずフォークリフトの始業する前に点検する必要があり~」という使い方が分かりやすいはずです。

後者の方は、「そろそろ始業式なので、準備しておかないと~」というのは、イメージしやすいでしょう。

特に学生の方は、しっくりとくるはずです。

「仕業」を使った例文

・『仕業する前にミーティングがあるそうだ』
・『仕業する前に安全点検を忘れてはいけない』
・『10年間、現場で仕業しているエースです』
・『点検を怠ると、仕業中にとんでもない事故になってしまう可能性がある』
・『仕業は新人に教えながらしているようだ』

「始業」を使った例文

・『始業式の後に離任式があるそうだ』
・『始業開始時間は午前9時30分です』
・『始業前の朝礼で引き継ぎをされた』
・『来週には始業時間が30分早まるそうだ』
・『コロナ禍で始業するにもできないと言っていた』

「まとめ」

まとめとしては、「仕業」というのは、基本的に法人組織の現場にて機械や重機の運転や運行等の操作が必要な時に使います。

「始業」は学校法人の新学期開始や授業開始を意味しております。

また、その日の仕事を始めることも意味しておりますので、把握してアレンジをしながら使いこなしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典