スポンサーリンク

「代り映えしない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「代り映えしない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「代り映えしない」の意味を分かりやすく説明していきます。

気になった言葉を、今すぐリサーチしていきましょう。

スポンサーリンク

「代り映えしない」とは?意味

代り映えしない(かわりばえしない)とは、以前とほとんど変わらないこと。

どこが変わったのか分からないくらい、同じであることです。

古いものと新しいものを比べるシーンで、用いられる表現になります。

「代り映えしない」という表現には「代り映え」という単語が含まれています。

「代り映え」とは、あるものが美しく輝くこと。

以前に比べて、立派に見える様子を指しています。

「代り映えしない」「~しない」という否定の言葉が含まれています。

そのため「以前のものと比べたけれど、大して変わらない」という意味になります。

転じて「変わった気がしない」という訳になります。

「代り映えしない」の概要

「代り映えしない」という言葉は「変わって欲しかったけれども、期待以上に大きく変わらなかった」という残念な気持ちが入り混じった表現です。

たとえば新しいスマホが発売されるとき。

数年ぶりのモデルチェンジということもあり、多くのファンが固唾をのんでその発表を見守っていたとします。

けれども新発売のアイテムがパッとしない商品だったとき、多くのファンは裏切られたようなショックを覚えます。

このように軽い動揺や失望がまじった、複雑な心境をつたえているのが「代り映えしない」になります。

「代り映えしない」の言葉の使い方や使われ方

「代り映えしない」はこのように使われています。

・『30代は20代と比べて、代り映えしない人生だった』
・『代り映えしない日常に飽きたので、旅に出ることにした』
・『監督を変えたものの、前作のドラマと比べて代り映えしない』
「代り映えしない」というのは、何かと何かを比べるシーンで良く用いられます。

現在と過去のものを比べて、変わった所が見当たらないときに使っていきます。

「刺激がなくて面白くない」というニュアンスも含まれているので、つまらない人生やキレ味の悪いドラマなどに用います。

「代り映えしない」の類語や言いかえ

「代り映えしない」はこのような言葉にも、置きかえできます。

・昔と変わらない
・つまらない
・相変わらず
・変化がない
・興味索然
・無味乾燥
「変わらない」「昔も今も同じ」などの言葉に置きかえできます。

また興味索然(きょうみさくぜん)とは、面白みがまったく無いこと。

無味乾燥(むみかんそう)も、味わいもなく、つまらない様子を指します。

まとめ

「代り映えしない」の意味と使い方をおさらいしました。

「代り映えしない」「代わり映え」とは、美しく際立っていること。

そのため「代わり映えしない」で、以前に比べて変化がないことです。

期待を裏切られたような、残念な気持ちが入り混じった表現です。

色々なニュアンスの用語を覚えて、日本語の奥深さを味わっていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典