スポンサーリンク

「代替案(だいたいあん)」と「代替案(だいがえあん)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「代替案(だいたいあん)」と「代替案(だいがえあん)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「代替案(だいたいあん)」「代替案(だいがえあん)」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「代替案(だいたいあん)」とは?

「代替案(だいたいあん)」とは、「すでに提案されている案・考え(アイデア)の代わりになるもの」を意味しています。

初めに「案A(プランA)」が提出されていて、その案Aとは異なる内容や目的を持つ「案B(プランB)」がある場合に、「案B(プランB)」のことを「代替案(だいたいあん)」というのです。

漢字を用いた漢熟語は「音読み」で読むのが原則なので、「だいたいあん」「代替案」の正しい読み方です。

「代替案(だいがえあん)」とは?

「代替案(だいがえあん)」とは、「すでに出されている案・アイデアの代わりになるもの」を示しています。

漢字を組み合わせた熟語は通常は「音読み」で読むルールがあります。

そのため、「代替案(だいがえあん)」「間違った読み方」として解釈されます。

「代替案(だいがえあん)」の読み方は、「代替わり(だいがわり)」から転嫁したとの説もあります。

ただし「代替(だいたい)」には「大体・大隊・大腿」などの同音異義語があるため、「代替(だいがえ)」のほうが口語(話し言葉)で聞き間違えがないメリットはあります。

「代替案(だいたいあん)」と「代替案(だいがえあん)」の違い

「代替案(だいたいあん)」「代替案(だいがえあん)」の違いを、分かりやすく解説します。

「代替案(だいたいあん)」「代替案(だいがえあん)」はいずれも、「それ以前に出されていたアイデア(案)の代わりとなる別のアイデア(案)」という同じ意味を持っている言葉です。

そのため、言葉の意味はまったく同じになりますが、言葉の読み方として「代替案(だいがえあん)」「間違った読み方」になるという違いが挙げられます。

漢字を組み合わせた「漢熟語」は、原則として「それぞれの漢字の音読みで読むのルール」があります。

「代替案」「代」「替」は音読みの「だい」「たい」で読むのが正しい読み方になります。

その理由から、「代替案(だいたいあん)」が正しい読み方になる点が異なっています。

「代替案(だいたいあん)」の例文

・『優れた代替案(だいたいあん)だと社長が認めれば即座に採用することになります。』

・『緊急事態に際して代替案(だいたいあん)の一つも出ないところが、この組織の人材の枯渇を物語っていました。』

「代替案(だいがえあん)」の例文

・『代替案(だいがえあん)という慣習的な言い方をする高齢の人は多いのですが、いつ広まったのかは定かではありません。』

・『マスメディアのテレビではさすがに代替案(だいがえあん)という正しくない読み方はしていないのですが、希にコメンテイターがいつもの口癖で言ってしまうことがあるようです。』

まとめ

「代替案(だいたいあん)」「代替案(だいがえあん)」の違いを詳しく説明しました。

「代替案(だいたいあん)」「代替案(だいがえあん)」のどこが違うのか調べたい時に、この記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典