スポンサーリンク

「代理」と「代行」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「代理」と「代行」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「代理」「代行」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方等を把握して、ご自分の日常に役立てていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

「代理」とは?

最初に「代理」の意味をご説明致します。

「代理」の意味とは、基本的に「代理人」という言葉が世の中には定着しているかと思います。

これは当事者の代わりに生じている事柄に対して、対応や処理する人を指しております。

そして、法律的な手続きでも当事者の代わりに、法律的手続きをする場合に対しても使われますので、把握されておくとよろしいかと思います。

意外に「代理」の意味を把握しておくことで、日常的に使う事が多い言葉かもしれません。

「代行」とは?

次は「代行」の意味を解説していきます。

「代行」の意味とは、本人が手続きをする必要がある事や、仕事を他人が成り代わって手続きや仕事をするという意味です。

一番分かりやすいのは、車に乗って飲み会に参加した人がいたとします。

お酒を飲んでは運転できないので、「代行屋」さんにお願いをして、車をご自宅まで運転して持って行ってくれるのが「代行屋」の仕事です。

その参加した人は電車やバス、タクシー等で家に帰ります。

このように本人に何らかの事情がある時に、他人が成り代わって処理することを意味しております。

「代理」と「代行」の違い

ここでは「代理」「代行」の違いを分かりやすく解説します。

「代理」「代行」の違いについてですが、上記で解説しました意味を当てはめていくと非常に簡単に違いが分かってきます。

基本的に「代理」というのは、「代理人」という言葉を多くの人が知っているかと思いますし、世の中的にも浸透しているかと思います。

法律的な手続きや書類上でも使われます。

そして、「代行」というのは、上でも書きましたように本人が何らかの事情等によって生じている事柄を遂行できない時に、他人が成り代わって行う事です。

よって「代理」の使い方としては、「彼が風邪で寝込んでいるので、代理として僕が来ました~」という使い方が妥当だと思います。

次に「代行」ですが、「お酒を飲んだので、馴染みの代行屋に頼んだよ~」というのが、イメージしやすいと思います。

特にお酒好きなサラリーマンの方は、しっくりくるかと思います。

以上が「代理」「代行」の違いとなりますので、しっかりと把握して、役立てていただけたら幸いです。

「代理」を使った例文

この項目では「代理」を使った例文を書いていきます。

・『代理人として赴いてきました』
・『弁護士が代理人としてやってきたようだ』
・『代理を立てないといけない状態だ』
・『課長代理は非常に緊張する役目である』
・『代理人は委任状が必要らしい』
以上が「代理」を使った例文になります。

「代行」を使った例文

次は「代行」を使った例文を書いていきます。

・『今は退職代行業者に頼むのが主流らしい』
・『お酒と代行屋は切っても切れないだろう』
・『送信業務を代行しているらしい』
・『代行しているので、料金を払ってもらった』
・『全て代行してくれる業者なので非常に助かる』
以上が「代行」を使った例文となります。

「まとめ」

最後に「代理」とは、当事者に変わって生じている事柄を担当する人を意味しております。

また、法律的な手続きや書類上でも使われることが多いので、覚えておくと良いと思います。

次に「代行」とは、本人に何らかの事情等があり、生じている事柄や問題を解決できない時に、成り代わって問題解決や処理等する人の事をしております。

時に業者を指す場合もありますので、把握されておくとよろしいと思います。

以上が「代理」「代行」の違いや使い方のまとめとします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典