「仮眠」と「昼寝」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仮眠」と「昼寝」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仮眠」「昼寝」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仮眠」とは?

「仮眠」の意味と使い方について紹介します。

「仮眠」の意味

「仮眠」「かみん」と読みます。

意味は「一時的に短時間眠ること」です。

「仮眠」の使い方

「仮眠」は、短時間の睡眠を取ることを言います。

人が必要とされる睡眠時間は5時間から6時間と言われますが、この時間が確保できない時に、少しの間眠って体力の回復させることを言います。

短時間寝ること自体を表す言葉であり、寝る時間帯は決まっておらず、「昼寝」「うたた寝」「仮眠」に含まれるのです。

人は20分ほど仮眠を取ることで、精神的にリフレッシュされて、集中力が高まると言われています。

ただし、通勤電車の中や会議中などに寝ているのは安静な状態ではないので「仮眠」ではなく「ながら睡眠」になり、リフレッシュ効果はほとんどありません。

「昼寝」とは?

「昼寝」の意味と使い方について紹介します。

「昼寝」の意味

「昼寝」「ひるね」と読みます。

意味は「昼間に睡眠を取ること」です。

「昼寝」の使い方

「昼寝」は、「仮眠」の一つで、昼間に取る短時間の睡眠のことを言います。

昼食後に取ること多く、ヨーロッパでは「シエスタ」と呼ばれて社会的な習慣となっています。

人は昼に10分~30分の睡眠を取ると、脳が活性化されて仕事の生産性が高まると言われています。

また、乳幼児は脳が発達段階なので、より健やかに成長させる為に保育園では「昼寝」が取り入れられています。

最近では企業に「仮眠スペース」があり、昼食後に「昼寝」を推奨するところもあるのです。

「仮眠」と「昼寝」の違い!

「仮眠」「一時的に短時間眠ること」です。

「昼寝」「昼間に睡眠を取ること」です。

まとめ

今回は「仮眠」「昼寝」の違いをお伝えしました。

「仮眠は時間に関係なく短時間眠ること」「昼寝は昼間に短時間眠ること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典