スポンサーリンク

「休暇」と「休日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「休暇」と「休日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「休暇」「休日」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「休暇」とは?

「休暇」は土曜日に祝日という会社の経営がお休みになる曜日以外に会社を休む制度です。

この制度は適応されるためには条件を満たす必要があり、例えば、育児休暇であれば会社側に一年以上雇用関係があり、子供の年齢が1歳6か月までを「休暇」取得可能年齢とします。

その為、雇用者側が会社側が見て一年間以上の雇用実績がない場合適応されず、かつ子供の年齢がすでに1歳6カ月を超えていた場合、適応されない「休暇」です。

また「休暇」は会社により規約で決められたものも存在しますので会社によってどういった「休暇制度」があるかは未知数になります。

「休暇」の使い方

「休暇」の使い方ですが、バカンスを楽しんだり、子育てに用いたり、病気の治療に充てるなど様々なことに利用します。

また、日本以外では、「休暇」を第3者に与えることができ、病気を持ちながら働いている方に対して労働をお休みしてもらうことも可能です。

「休日」とは?

「休日」は、労働者を必要としている会社が営業をお休みする曜日です。

ただし、会社によっては、土日祝日に会社の営業をしている会社もありますのでそうした会社では、「休日出勤」を必要としています。

なお、「休日出勤」とは、本来会社には労働者に対してお休みを与える必要性があり、土日祝日をお休みに与えるのですが、あえてその曜日に出社してもらい別の曜日にお休みを与える行為を「休日出勤」とし、「休日出勤」は全くお休みを労働者に与えず、365日労働を求めるものではありません。

「休日」の使い方

「休日」の使い方は、会社が休みの日になるため、体を休めたり、ちょっとした日帰り旅行を楽しむなど人それぞれの目的に使用します。

その為、「休日」は人によっては体を休めるために使用したり、遊びに行くということに使用します。

「休暇」と「休日」の違い

「休暇」は会社側が提示する条件をクリアすることで本来労働を必要とする期間にお休みを頂くことで、「休日」は会社が休みで曜日であることになるため、違いは会社の制度を利用して休むかそうではないかです。

「休日」は認めら他労働者がお休みをしてよい日で、「休暇」は会社側が認めたお休みの日であるという違いがあります。

まとめ

「休暇」「休日」の違いですが、会社側の制度を利用して会社をお休みする場合、「休暇」となり、土日や祝日など会社が事業をお休みしている間に休みをいただくことができるものが「休日」になるため違いは会社側が許可した休みであるか、労働者に元から与えられた権利でお休みするかの違いです。

ですが、両者ともにお休みをいただいてもお給料は支払われ、特に「長期休暇」であっても労働を放棄しているとしないため、お給料が支払われるという特徴が「休暇」「休日」にはあります。

これを無断で休んだ場合、「欠勤」になりますのでこちらは給料から休んだ分を差し引きします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典