スポンサーリンク

「住む」と「滞在」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「住む」と「滞在」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「住む」「滞在」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「住む」とは?

「住む」は、生まれながらにそのエリアでのみ生活をすることか、長きに至りそのエリアで生活をすることです。

その上で、「住む」は別の場所に移動して生活をした場合、「住んでいた」という過去の事実になります。

なお、「住んでいた」は過去であるため、現在は異なる場所で生活をしており、過去の場所と決別状態です。

「滞在」とは?

「滞在」は、一定期間のみそのエリアで生活し、別のエリアに移り住むか本来住み家としている場所に移る暮らし方です。

「滞在」は、制約が無い点が利点で、永住をしていないが故、滞在の許可さえ下りればどのエリアでも移り住むことが可能で不法滞在とみなされない限り安全に生活が可能です。

ただし、不法滞在の疑いがあるとなされた場合、違法に住み家を占拠していないことが証明できない限り犯罪者として扱われてしまい、住むべき場所すらない場合、ホームレスという扱いになります。

「住む」と「滞在」の違い

「住む」は原則として自分が生活するエリアに長期に至り移り住んでいることで、元から暮らしているか後から入ってきて長期間生活しているかになり、「滞在」はあくまで一時的で済むに際して許可を必要とするという違いがあります。

「住む」は、戸籍が生活しているエリアにあるが故、不法占拠という形にはならないです。

「住む」の例文

・『西宮に移り住む』
この例は、西宮という街に移りせ喝をするという例です。

戸籍が移動するため、長期に至り生活しても不法滞在とならない点が「住む」の特徴です。

「滞在」の例文

・『西宮に滞在する』
この例は、一時的に西宮で生活するという例で、戸籍は西宮に存在しません。

あくまでお仕事で西宮で一時的に生活をしているだけですので、期間が終われば元の生活の拠点に変えるのがこの例になります。

無論、西宮という街が気に入ったのであれば、戸籍を変更すれば西宮の市民になることも可能です。

まとめ

「住む」「滞在」の違いは、長い間そこで生活しているか、一時的に生活をするかという違いです。

「滞在」は、不法滞在という言葉がある通り、一時的に住むことで不法滞在はその許可が無いことを指します。

その為、不法滞在者は元の生活の拠点に送還するのはそのエリアの市民ではないが故です。

では、日本人の場合、不法滞在はあり得るかですが、国籍が日本人であることを認めない場合、不法滞在になりますが、どこの国にも所属していないというケースの場合、滞在は事実上滞在可能ですが、存在しない人物であるということになるため、日本で受けることが可能なスぺてのサービスの提供を受けることができません。

なお、「住む」の場合、すでにそのエリアに住む権利を持っており住所などが生活しているエリアにあり、間違いなくそこで暮らしていることを証明しているため、「住む」は対象者が間違いなくそのエリアで生活をしていることが証明されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典