スポンサーリンク

「佐世保バーガー」と「普通のハンバーガー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「佐世保バーガー」と「普通のハンバーガー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「佐世保バーガー」「普通のハンバーガー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「佐世保バーガー」とは?

「佐世保バーガー」は、長崎県佐世保市の郷土料理になっているハンバーガーのことです。

「佐世保バーガー」の定義は、佐世保市内にある「佐世保バーガー認定店」で作られていることです。

「佐世保バーガー」については、佐世保市が「佐世保バーガー認定制度」を定めており、具材の種類、味付け、サイズの指定がない代わり、地産地消の食材を使ってオリジナル品を手作りをすることが条件となっています。

佐世保市は米海軍が進駐していた時期があり、アメリカ人からハンバーガーのレシピが伝わりました。

国内で初めてハンバーガーが作られたのは佐世保市といわれています。

郷土料理がハンバーガーになっているのは、佐世保市がハンバーガー伝来の地だからです。

佐世保バーガーは佐世保市のご当地グルメとして人気を博し、その名を全国に広めています。

ちなみに佐世保市以外で見かけるものは、厳密には佐世保バーガーにみなされません。

「普通のハンバーガー」とは?

「普通のハンバーガー」は、ベーシックなタイプのハンバーガーを呼ぶ時に使う言い回しです。

「普通のハンバーガー」というメニューが存在するわけではなく、はっきりした定義もありません。

バンズにパティと調味料を挟んだだけのシンプルなもの、いわゆる「ハンバーガー」という名前のメニューを指すことが多くなっています。

基本的には、いつでも入手できる普遍的なメニューであり、アレンジされたもの、期間限定メニュー、ご当地バーガーなどは「普通」の扱いになりません。

「普通」という形容はあくまでも主観であり、正当な呼び方とは言えないものです。

しかしながら「普通のハンバーガー」と言えば、相手も同じものを連想することが多く、たいていは意味が通じます。

「ただのハンバーガー」「ノーマルタイプのハンバーガー」と呼ぶ人もいます。

「佐世保バーガー」と「普通のハンバーガー」の違い

「佐世保バーガー」「普通のハンバーガー」の違いを、分かりやすく解説します。

「佐世保バーガー」は、長崎県佐世保市で郷土料理に認定されているハンバーガーのみを指します。

対して「普通のハンバーガー」は、どこでも食べられるベーシックなハンバーガーに使う言い回しです。

「普通のハンバーガー」はたいてい、特徴のないシンプルなハンバーガーを指します。

ご当地性の強い「佐世保バーガー」「普通の」とは言えないところがはっきりした違いと言えるでしょう。

まとめ

「普通のハンバーガー」にはっきりした定義はありませんが、ご当地グルメの「佐世保バーガー」とはカテゴリが異なることを説明しました。

これを機に「佐世保バーガー」を食べたことのない人にも興味を持ってもらえると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典