スポンサーリンク

「体が資本」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「体が資本」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「体が資本」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「体が資本」とは?意味

「体が資本」とは「何をするにも、体がなくては何もできないこと」を意味する言葉です。

「体」は一般的に使われる「体」の意味ですが、そこには「健康な体」と言うニュアンスが込められています。

また、「資本」「元手のこと」です。

従って「体が資本」とは「健康な体は全ての元手である」となり、理解しやすいように表現を変えると、「何をするにも、体がなくては何もできないこと」と言う意味になるのです。

「体が資本」の概要

「体が資本」と言う言葉は、スポーツ選手や肉体労働に従事している人に向けて言われる言葉だと思われている方も少なくないようですが、何もこうした人達にのみ使われる言葉ではありません。

ホワイトカラーの人であろうが、場合によっては外で仕事をしていない専業主婦等に対して使っても、おかしくない言葉です。

これは仕事や家事をしている人の健康を気遣って掛ける言葉として広く使われるものです。

「健康第一」と言った軽い意味で使われているのです。

また「体が資本」に似た表現で「体は資本」と言う表現もあります。

「体が資本」には相手を気遣うニュアンスがありますが、「体は資本」の方は相手を気遣うと言うより、稼ぐためには「体」が大切で、少しは無理の利く「体」の維持のために自制すべきと言ったニュアンスのある言葉となります。

ちなみに、ここでは「からだ」の漢字として「体」を使っていますが、「身体」の漢字を使うことも間違いではありません。

「体」の漢字を使う場合は、「肉体」の意味合いが強く、一方の「身体」の漢字は「肉体と心や精神」と言うニュアンスがあり、間違いと言うより、ストレスの多い現代社会で相手を気遣う意味で使うなら、むしろ「身体が資本」と表記した方が良いと言えるかも知れません。

「体が資本」の言葉の使い方や使われ方

「体が資本」の言葉は以下の例の様に使われます。

・『最近、遅くまで残業を続けているようだけど、体が資本なのだから、適当に切り上げて帰宅した方が良いよ。』

・『入院して初めて、体が資本であることを改めて痛感させられました。』

・『一流大学目指して頑張るのは良いけれど、体が資本なのだから、無理をしすぎないように注意しなさい。』

・『体が資本なのは、何もスポーツ選手に限ったことではなく、全ての人に言えることです。』

「体が資本」の類語や言い換え

「体が資本」の類語や言い換えとしては、「健康第一」「体が何より」「健康が何より」「体を壊しては元も子もない」などが挙げられます。

まとめ

「体が資本」とは、文字通りの意味としては「健康な体は全ての元手である」となり、理解しやすいように表現を変えると、「何をするにも、体がなくては何もできない」と言う意味になります。

この言葉は、「体を壊しては元も子もない」と言う意味で、相手を気遣う言葉として、広く使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典