スポンサーリンク

「体調が優れない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「体調が優れない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「体調が優れない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「体調が優れない」とは?意味

体調とは、身体の調子のことです。

自分自身が、「いつもとは身体の様子が違う」と感じることはよくあります。

それは、健やかな状態であるときと調子が違うという意味です。

つまり、体調が優れないとは身体の具合が悪いという状態を表しています。

具体的に挙げると、「熱がある」「吐き気がする」「鼻水が出て、だるい」というように、いつもと違って悪い症状がでているときを体調が優れないと判断します。

ただし、前述の症状のように言葉にできる症状がであるときだけを体調が優れないと言うわけではありません。

「なんとなく」という場合も多いのです。

医者に行くほどではないけれど、いつもと違って元気がないと自覚したら、それは体調が優れないことになります。

「体調が優れない」の概要

体調が優れない状況は、身体的な調子だけとは限りません。

例えば、気持ちが落ち込んでいるときには調子が良いとは感じられないものです。

つまり、身体的な調子と心的な調子の双方が共に万全でなければ、体調が優れないと感じたとしても不思議はありません。

体調が優れない要因としては、風邪をひいたり寝不足であったりといったことが考えられます。

それ以外にも、二日酔い、食べすぎ、季節の変わり目だから、ストレスなどの原因により体調が優れないと感じることもあります。

「体調が優れない」の言葉の使い方や使われ方

実は、自分自身の体調が優れない様子を誰かに伝えるとき、具体的な症状を伝える代わりになることがあります。

例えば、「発熱している」「腹痛」「下痢」「嘔吐」というような理由を伝え辛いと感じたら、体調が優れないと言えば間に合うために便利です。

体調不良は歴とした病名が伴う症状ではありません。

学校や会社を休みたいとき、「体調が優れないので休みます」と伝えれば、大抵の場合は「お大事に」と気遣われて終了。

曖昧ながらもとても便利に使えます。

「体調が優れない」の類語や言いかえ

「体調不良」「健康不良」「所労」などの言葉に言いかえることができます。

前述と同じく『体調不良のため休みます』と言えば、会社を休む正式な連絡として通じます。

所労も同じ意味として使いますが、口頭の場合は使い慣れた人でないと正しく意味が伝わらないこともあるので気を付けましょう。

また、優れないことを「芳しくない」「思わしくない」と言いかえて伝えると表現が柔らかくなり、上司や先輩に対する配慮ある報告と受け止めてもらえます。

まとめ

「どうも調子が出ない」「なんとなく出かける気分になれない」という日は誰にでもあります。

そんな日にも使える、体調が優れないという言葉は曖昧に伝えたいときに使え、便利です。

子供のときにお休みする理由は、「風邪をひいた」「お腹が痛い」などでしたが、大人になればすべてを一言で言いあらわすことは難しくなります。

「体調が優れない」は、そんなときに使いたくなる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典