スポンサーリンク

「余所見」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「余所見」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「余所見」の意味を分かりやすく説明していきます。

よく分からない言葉を、しっかり理解していきましょう。

スポンサーリンク

「余所見」とは?意味

余所見(よそみ)とは、集中できなくて気がそがれること。

本来見るべきものと、違うものに意識が向くことです。

前方不注意の運転をしているとき、気持ちが散漫になっていて、考えがまとまっていない場合につかわれる言葉です。

そもそも「余所見」という用語は「余所」「見る」がセットになったものです。

「余所」というのは、自分とは関係のない事柄をあらわします。

つまり本当は見る必要のないもの、考える必要もない事象なのに、意識がそっちに行ってしまうのが「余所見」になります。

他に気を取られてしまって作業が満足にできない場合に、警告として用いられています。

「余所見」の概要

「余所見」は江戸時代の書物にも書いてある、とても歴史のある言葉です。

当時は「よそさまの問題」つまり、自分にとっては関係のない事象を「余所見」といいました。

隣人の争いごとに対して「関係のない人がとやかく口を挟んではいけない」という意味で使われていたのです。

ただ現在では「わき見をする」という意味合いで余所見が用いられています。

その一例として、余所見による、わきみ運転があります。

まわりの風景に気を取られるほか、スマホのゲームに夢中になってしまい、安全運転ができない状況をあらわします。

楽しいおしゃべりに気を取られて危ない事故を起こさないように、気を付けたいものです。

「余所見」の言葉の使い方や使われ方

「余所見」はこのように使われています。

・『先生の話が退屈だったため、余所見をして窓の外を眺めていた』
・『余所見運転だけは気を付けてね。安全運転が第一だよ』
・『うっかり余所見をしている間に、包丁で手を怪我してしまった』
「余所見」とは、しなくてはいけない作業を放り出して、別のことに意識が向いてしまうこと。

わき見をすることです。

そのため緊張感がないシーン、他人に安全運転を促したいときに使います。

気の緩みからうっかりミスをしないように注意したいものです。

「余所見」の類語や言いかえ

「余所見」の類語には、次の言葉もあります。

・注意散漫
・脇見
・横見
注意散漫とは気持ちがゆるんでいて、集中できないこと。

うわの空になってしまう状態です。

このようなとき緊張の糸がぷつんと切れて「脇見」をしやすくなります。

ちなみに横見(よこみ)とは、チラッと目を向けること。

気になってしまい、思わず視線を泳がせることです。

まとめ

「余所見」の意味と使い方をおさらいしました。

「余所見」とは、注意が散漫になること。

わき見をしてしまい、ミスなどを犯しやすくなることです。

安全運転のスローガンに「余所見運転はやめよう」と掲げられることもあります。

気持ちが開放的になるときこそ、危ない余所見には気を付けたいもの。

自分のやるべき仕事、作業に集中したいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典