スポンサーリンク

「余暇を楽しむ」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「余暇を楽しむ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「余暇を楽しむ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「余暇を楽しむ」の意味

余った時間を楽しむ様

「余暇を楽しむ」の解説

「余暇を楽しむ」とは余った時間を利用して過ごすことを意味し、休日のことや余生を過ごす際に使用する言葉です。

「余暇を楽しむ」で表現を可能とするのは、休日などの休みの際にどのようなことをして暇な時間を過ごしたかを記載することにより、どのような休日や余生を過ごしたのかを解説することが出来ますが、それら記載がない場合、休日や余生を過ごしたという事実のみを記載することに用います。

「余暇を楽しむ」の使われ方

「余暇」という言葉は暇な時間を意味する言葉になり、暇を楽しむという意味合いで用います。

その為、「余暇を楽しむゆとりが出来た」という文章の場合、暇な時間を楽しむことが出来るゆとりが出来たという意味になり、「余暇を○○して楽しむ」とすることで○○をして暇な時間を楽しんだという具合に解釈することも可能なのです。

このように「余暇を楽しむ」は目的を文章に持たせる例えば、キャンプするという目的を持たせると「余暇をキャンプして楽しむ」という言葉に置き換えることが可能で、置き換えたが故どのようなことをして楽しめたかを説明することも可能となります。

「余暇の楽しむ」の例文

・『会社から解放され、絶好のキャンプ日和なのでキャンプをして余暇を楽しむ』
この文章からわかることは、会社で仕事を日夜こなしていたが仕事というものから解放されかつキャンプするにはうってつけのお天気だったが故休暇という休日をキャンプをして過ごしたと解釈出来ます。

・『老後の生活は余暇を楽しむことにしよう』
この文章から読み取れる意味は、老後の生活は暇があるが故暇な時間をつぶして楽しむことにしようという意思表示をしていることです。

どのようなことをして過ごすのかという記載がないが故漠然と暇な時間を過ごそうとすることしか意思決定していない点が重要なポイントで何をするかという記載があることで漠然とした目的から正確な目的へと変化させることが余暇を楽しむという言葉になります。

・『あれ○○さん余暇は○○君とデート楽しむのではなかったのですか?』
この文章からひも解くべき意味は○○さんはデートという目的があり暇な時間を○○君と過ごす予定であるということです。

しかし、実際には○○さんは、例文のようなことを話す人物の前に現れているため、デートすることはできなかったという事情を読み取る必要性があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典