スポンサーリンク

「使い勝手」と「使い心地」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「使い勝手」と「使い心地」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「使い勝手」「使い心地」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「使い勝手」とは?

「使い勝手」は、対象となるものを使う者がどのように性能を感じ取るかという意味です。

そのため、表記上では使い勝手が良いや悪いという言葉で対象がどうであるかを示します。

もしくは、拳銃のようなものであれば使い心地は的を射ることすらできない反動であるなど問題があるかを述べることで対象がどうであるかを示すのです。

「使い勝手」の使い方

「使い勝手」は対象となるものの性能を言い表す場合、使用する言葉です。

純粋に良い悪いや、硬いなど感じたことを述べることでどのような使いやすさであるかを説明できます。

「使い心地」とは?

「使い心地」は、扱うものが心地よいかそうではないか前提でどうであるかを示す言葉です。

例えばタオルであれば、使い心地は絹のようだと評価すれば、タオルは絹のようになめらかだったと心地よい性能を誇ることを言い表せます。

「使い心地」の使い方

「使い心地」は扱うものが心地よいものであるかそうではないかが前提で使用します。

その為、心地が悪いものは悪いと言えば、その対象物は合わない製品だったとなります。

「使い勝手」と「使い心地」の違い

「使い勝手」「使い心地」の違いは、使用者が心地が良く自分にとって気持ちの良いものであるか、ただ単に機能性が優れているかという違いです。

「使い勝手」は、あくまで性能が自分から見てよいかどうかになりますので触り心地などは二の次です。

これは武器等に多く、武器は触り心地は二の次で命中精度が重要となるため性能がものを言います。

ですが、「使い心地」は、使用者が気持ちよくなければならず、例えばタオルなどがまさに、絹のような感触であれば気持ちの良いものであるとするため「使い心地」が良いとなるのです。

「使い勝手」

・『このライフルは使い勝手がよく命中精度が高い』

この例は、「使い勝手」が性能を示す言葉であると証明しています。

ライフルなどは性能が重要で触り心地は二の次であるため「使い心地」はふさわしくないです。

ただ、持った際の感触がとても自分にふさわしく気持ちが良い場合、ライフルでも「使い心地」が良いとなります。

「使い心地」の例文

・『なんと使い心地の悪いタオルか』

この例は、タオルの感触が悪く気持ちの良いものではないとしています。

「使い心地」は感触を重視するため、この例が一般的ですが、別にタオルも性能を評価する場合、「使い勝手」と記載しても問題ないです。

まとめ

「使い勝手」「使い心地」の違いは感触が気持ちの良いものであるか、単純に性能の身を良いとするかという違いです。

両者は良し悪しで評価でき、かつ、何が悪いかを示せばより詳しく、悪い点を把握することや良い点を把握できます。

しかも、一般的な言葉で使い分けなくとも目的ごとに使用でき、勝手は性能を示す、心地は感触を示すと考えれば使い分けて様々なものを評価できるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典