スポンサーリンク

「使命感を抱く」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「使命感を抱く」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「使命感を抱く」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「使命感を抱く」とは?

「しめいかんをいだく」と読みます。

「抱く」は、「だく」とも読めますが、この場合には「いだく」と読みます。

「使命感」とは、使命されたことを、責任感を持ってやり遂げようとする強い意志や、気持ちのことを意味しています。

自分に課せられた任務を、果たそうとする気概のことを表します。

「抱く」はいくつかの意味がありますが、心の中に考えなどを持つという意味があります。

よって、「使命感を抱く」は、任務や、使命されたことを、やり遂げようとする気持ちを持つという意味になります。

会社や、組織などで任命されたことをやり遂げるときにも使われますし、人生における局面で、自分に与えられた役割を果たそうとするときにも使われます。

「使命」という言葉には、使者としての務めという意味や、課せられた重大な任務という意味がありますが、もう少し広い意味での、自分の存在意義についていうこともあります。

よって、存在意義をかけて任務を果たすという情熱が入ることがあります。

「使命感を抱く」の概要

「使命感」には、強い意志を持って任務を果たそうという気持ちという意味があります。

それを、心の中に抱えることから、やり遂げようという情熱や熱意のこもった言葉になります。

単に、「使命感を持つ」という場合よりも、より、大切にしよう、指名されたことを全うしようという印象になります。

とても似ている意味で使われる言葉に、「責任感」があります。

「責任感」は、義務を果たそうという気持ちという意味です。

当然やらなければいけないことをするという意味になります。

「使命感」という言葉は、大切な使命や、自分に与えられた任務を果たそうという気もちを表すので、「使命感」と言った場合の方が、軽々しく扱えない、大切な役割を果たすという意味になります。

「使命感を抱く」の言葉の使い方や使われ方

自分に任されていることをやり遂げようというときに使われます。

例えば、「このプロジェクトを成功させることに、日本人的使命感を抱きました」といった場合には、プロジェクトの成功は、日本人としての自分の任務だと思ったということになります。

この言葉は、大切な仕事や、人生をかけて取り組むことに対して使われることが多くなります。

また、「使命感に駆られる」という言い回しもよく使われます。

「使命感を抱く」の類語や言いかえ

「使命感を抱く」の類語には、「野心を抱く」【やしんをいだく】や、「野望を抱く」【やぼうをいだく】などがあります。

また、「責任感」と言いかえることも出来ます。

その場合には、「抱く」という言葉はあまり使われず、「責任感を持つ」などという言い回しになることが多くなります。

まとめ

この言葉には、役割を果たすことを、心にしっかりと抱くという、強い気持ちが入っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典