「価値がある」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「価値がある」

価値があるという表現は誰もが使った経験を持つのではないでしょうか。

価値があるという言葉は「かちがある」と読みます。

意義ある、有意義な、実りある、ためになる、という類義語があります。

ここでは価値があるという言葉について紹介します。

「価値がある」の意味

価値があるという言葉は物事がハッキリした良い結果を生み出す、意義ある、という意味であり、それ以外にも価値や意義が大きい、希少性がある、物事が自分にとってためになる様子、などを指すこともあります。

一般的には価値や意義が大きいということで価値があるという表現が使われます。

貴重な、有意義な、注目に値する、などといった類義語があります。

「価値がある」の言葉の使い方

価値があるという表現は日常生活のあらゆる場面で使えます。

例えば、人間は日々様々なものを購入して生活していますよね。

ものによっては高いけれど価値があるのではないでしょうか。

場合によっては安いけれど価値がないというものもあるかもしれませんね。

「価値がある」を使った例文・短文(解釈)

価値があるという表現を使った文章にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは価値があるという言葉の例文をいくつか紹介します。

「価値がある」の例文1

「彼女にプレゼントするためにダイヤモンドの指輪を購入したんだけど、本当に価値があったよ」

恋人やパートナーにかなり値段の高いプレゼントを購入したことがあるという人もいるのではないでしょうか。

自分のためだったら躊躇してしまうような値段であったとしても、恋人やパートナーの為だったら大丈夫、という人もいるかもしれませんね。

また、誕生日はバレンタインデーなど特別なときにはそれなりの値段のものを購入したいと考える人もいるかもしれません。

そしてもしもプレゼントを喜んでもらえたら、まさに価値があったと言えますね。

「価値がある」の例文2

「新婚旅行にはかなり投資をしたけれど、最終的には価値があったと言えるよ」

最近は新婚旅行で海外に行くという人も増えました。

ヨーロッパのいくつかの国を回る旅をするという人もいるのではないでしょうか。

結婚式をあげた後で新婚旅行はかなり金銭的な負担になります。

しかし、夫婦になった2人が初めて一緒に旅行をするわけですから、やはりそれなりの投資をしたいですよね。

そして最終的に価値があったと思えるならば、本当に素晴らしいことです。

「価値がある」の例文3

「子供を私立の中学に行かせたからほんとにお金がかかったけれど、行かせてよかった、価値があったよ」

最近は高校無償化などと言われるようになり、公立に行く人が増えていると言われています。

しかしその一方で、やはり私立に行く人の数も増えています。

私立に行くと教育費等がかかりますが、その一方で私立の学校は海外研修のプログラムがあったり、英語教育に力を入れていたりと、特徴的な教育に力を入れていますよね。

そのため、そのようなプログラムを目的として私立に行きたいという人も多いのです。

最終的に価値があったと思えるならば良い学校生活を送ったと言えるでしょう。

「価値がある」の例文4

「子供が生まれるにあたっていろいろお金をかけて用意をしたけれど、本当に価値があった」

赤ちゃんが生まれる時、ベビーベッドやベビー服など様々なものを購入しますよね。

平均では10万円ほどかかるとも言われており、それなりの出費になります。

しかしかわいい赤ちゃんが生まれたとき、それだけのお金をかけてよかった、それだけの金をかけた価値があった、と思えるでしょう。

赤ちゃんはすぐに大きくなってしまいますから、その時その時を楽しみにしたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典