スポンサーリンク

「侮蔑」と「侮辱」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「侮蔑」と「侮辱」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事では、「侮蔑」「侮辱」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「侮蔑」とは?

「侮蔑」とは、ぶべつという読み方をする言葉です。

文字で表記されたこの言葉を見れば明白ですが、相手を軽く扱うとかあなどるといった意味がある侮の文字に、馬鹿にするや無視するといった意味を持つ蔑の文字を付け足す事で誕生した言葉となっています。

そのため侮蔑とは、見下して蔑むという意味があるのです。

「侮蔑」の使い方

「侮蔑」という言葉は、相手を下に見た上で馬鹿にする、という意味合いで使用するのが基本となっています。

ただし口語としては余り使用されず、どちらかと言うと文章で表現する際に用いられる事が多く見られる言葉です。

具体的な使い方としては、侮蔑するといった形で動詞的に使用されるケースが多かったりします。

「侮辱」とは?

「侮辱」とは、ぶじょくという読み方をすべき言葉です。

漢字で表現されたこの言葉を目にすれば分かりますが、馬鹿にするや馬鹿にした行いといった意味を有する侮の字に、はずかしめとか恥といった意味の辱を加える事で成立している言葉となっています。

だからこそ侮辱とは、相手を軽く見て辱める事や名誉を傷付ける事を意味しているのです。

「侮辱」の使い方

「侮辱」は、相手を見下すだけでなく恥をかかせようという意図を持っている時に用いるべき言葉となっています。

なので侮辱されたとされる相手も、恥をかかされたとか名誉を傷付けられた、という認識を持つ様な言動を行う事を、侮辱するというこの言葉を使って表現するのが基本です。

なので恥をかかされた相手の方は悪意に気付いて、侮辱された、という言葉で表現されたりもします。

「侮蔑」と「侮辱」の違い

「侮蔑」と侮辱は文字を見比べれば直ぐに理解出来る様に、2文字目が蔑と辱という確かな違いを見付ける事が可能です。

ただしどちらも、相手を見下すといった意味合いを持っているので混同してしまう人も少なくありません。

もっとも「侮蔑」の方は、相手を軽く見て見下しているという意味合いの言葉です。

一方の「侮辱」は相手を見下すだけでなく、名誉を傷付けようとする言動を行うといった意味まで含まれています。

「侮蔑」の例文

・『人を侮蔑する様な言葉は絶対に言うべきではないです』

・『あの人の身勝手過ぎる態度に、私は侮蔑の念を抱かずにはいられません』

「侮辱」の例文

・『彼は周囲の人間を侮辱し続けた結果、周りに誰もいなくなってしまった』

・『民族同士で互いに侮辱し合っても明るい未来が訪れる事はありません』

まとめ

2つの言葉を比べれば、2文字目が蔑と辱という違いがある事に気付くものです。

ですがどちらも、相手を下に見るといったネガティブな意味合いを持っているため、似通っている部分も確かにあります。

ただし「侮蔑」は、相手を軽んじて下に見るという意味の言葉です。

対する「侮辱」は、相手を下に見るだけでなく恥をかかせよう、といった悪意ある意図も含んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典