「保護者」と「親」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「保護者」と「親」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「規制」「禁止」の違いを分かりやすく説明していきます。

「規制」とは?

「規制(きせい)」とは、「ある目的・政治目標を実現させるために、ルールを設定して物事・活動・行為を制限すること」を意味している言葉です。

「規制」の具体的な手段・方法としては、「禁止・免許制度・許認可・申告の義務化・登録制度・介入・手続きの義務化」などがあります。

「規制」を厳しくして何らかの被害・副作用が起こるリスクを減らすことを「規制強化」「規制」を緩めて社会・経済を活性化させることを「規制緩和」と呼んでいます。

「禁止」とは?

「禁止(きんし)」とは、「ある行為・活動をしてはいけないと命令すること」を意味している言葉です。

「禁止」という表現は、「ある行為・活動を禁じてさせないこと」を意味しているのです。

例えば、「タバコを完全に禁止している国はまだありません」「アメリカでは一時期、禁酒法でお酒が禁止されていました」などの例文で使われます。

「規制」と「禁止」の違い!

「規制」「禁止」の違いを、分かりやすく解説します。

「規制」「禁止」「人・法人などの行為を制限すること」という共通の意味合いを持っていますが、「禁止」というのは「規制の一つの方法・手段である」という違いを指摘できます。

「禁止」「ある行為や活動をしてはいけないと命令すること・ある行為を禁じてさせないこと」を意味しています。

「禁止」と比べて「規制」には、「禁止以外の手段・方法もあるため、必ずしもある行為を完全にしてはいけないと命じるわけではない」という違いがあるのです。

「規制」「禁止」と比較して、「ある目的・政策目標を実現させるため、禁止以外にも許認可・申告義務・登録・介入・手続きなどさまざまな方法がある」という違いを持っています。

まとめ

「規制」「禁止」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「規制」とは「ある目的を実現するため、許認可・介入・手続き・禁止などのルールを設定して制限すること」を意味していて、「禁止」「ある行為を行ってはいけないと命令すること」を意味している違いがあります。

「規制」「禁止」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典