スポンサーリンク

「信頼」と「安心」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「信頼」と「安心」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「信頼」「安心」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「信頼」とは?

相手のことは信じて、頼りにしているという意味があります。

相手の未来に対して期待している気持ちを表すという意味も持ちます。

状況や立ち振る舞いによって変化することがあり、やり取りをしていく中で「信頼」を築いていくことになります。

「信頼」の使い方

その人のことを信じたいという気持ちがあるときに使われます。

基本的には、人に対して使うことが多い言葉です。

相手に対して評価する実績や証拠などがなくても直観的に信じようと思ったときでも使うこともできます。

「信頼関係」「信頼度」のように、他の言葉と組み合わせて使われることも多いようです。

「安心」とは?

心配事や不安に思うことがなく、心が落ち着いて安らかな気持ちになることを言います。

人に対してだけでなく、物や場所やに対しても使われる言葉です。

道路や建物など事故が起こることが無いという意味で使われることもあります。

「安心」の使い方

心配事や不安がなく、心が安らぐ状況にあることを言い表すことき使われる言葉です。

危険なことがなく、安全である場面でも使られることが多い言葉です。

「安心」は、幅広い場面で使うことができます。

「安心感」や、四字熟語の「安心立命」など他の言葉と組み合わせて使われることも多いようです。

「信頼」と「安心」の違い

2つの言葉は似たような状況で使われることが多いのですが、意味合いは少し違うものになります。

「信頼」とは、その人のことを信じたいという気持ちがあるときに使われます。

「安心」とは、心配事や不安に思うことがなく、心が落ち着いて安らかな気持ちになることを言います。

「信頼」の例文

・『上司から信頼されるような存在になることが今の私の目標だ。』
・『信頼されるようなるには、努力する必要があるようだ。』
・『彼女の言うことは嘘が多いので、あまり信頼できない。』
・『一度失ってしまった信頼を取り戻すことは難しいのかもしれない。』

「安心」の例文

・『子どもたちが無事であると聞いて、安心した。』
・『このマンションはセキュリティがしっかりしているので、安心して暮らすことができている。』
・『緊張していた試験が終わったので、一安心だ。』
・『大きな被害が起こることもなく台風が過ぎ去ったので安心した。』

まとめ

「信頼」「安心」は、似たような状況で使われることがある言葉です。

日常生活やビジネスシーンでも良く使われる言葉ですが、間違えて使っていたり混同して覚えている人も多いかもしれません。

「信頼」とは、その人のことを信じたいという気持ちがあるときに使われる言葉で、「安心」とは心配事や不安に思うことがなく、心が落ち着いて安らかな気持ちになるときに使われる言葉です。

しっかりと意味や使い方を理解し、状況に合わせて使い分ける必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典