スポンサーリンク

「修繕リスク」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「修繕リスク」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「修繕リスク」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「修繕リスク」の意味

不動産の老朽化に伴い発生する修繕費用

「修繕リスク」の解説

「修繕リスク」「しゅうぜんりすく」と読みます。

意味は「不動産の老朽化に伴い発生する修繕費用のこと」です。

不動産のオーナーになれば、毎月家賃収入が得られるというメリットがありますが、一方で年数が経過するにつれて老朽化する為に、修繕する必要が出てきます。

原状回復や設備交換、大規模修繕などをする際に、オーナーの負担になることが多く、規模によっては数百万円かかることもあります。

不動産オーナーになる時には、将来的な修繕費用もリスク管理のうちとして考えておく必要があります。

「修繕リスク」の使われ方

「修繕リスク」は、不動産オーナーに使われることの多い言葉です。

「修繕リスクに備えて毎月積み立てをしておく」「築浅物件は修繕リスクが少ない」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典