スポンサーリンク

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」とは?意味

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」とは、某掲示板で生み出された誤字による強さをアピールしていないことを相手に伝える意思表示を示したものです。

この言葉が生み出されたのは、元々は、2ちゃんねるの匿名掲示板でファイナルファンタジー11のスレッドにてブロントという人物が書き記したのが始まりになります。

彼は、如何にナイトという職業が強いのかをネット上で持論を介して語る人物なのですが、誤字が多く、その誤字の中から生まれたのがこの「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」です。

こうした意味は分かりかねるがよくわからないような言葉をブロント語とインターネット上では呼び、打ち間違いの他、言葉の意味をはき違えて使用していることもブロント語の一つになります。

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」の概要

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」は、単に誤字であるが、インパクトのあるものの言い方でたちまち人気を得たネットスラングです。

ですが、この言葉、中には意味が通じないものというのも存在しており、生み出した本人であろうブロントと呼ばれる人物にしかわからない言葉も多いのが、俗にいうブロント語です。

そんな一説の中にある言葉、「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」も同様に言いたいことはわかるが何故そこを間違えているのかなどどう考えてもタイプミスとしては致命傷なミスをしているが故、謎である言語がこのブロント語の「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」になります。

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、その名の通り、自分自身が強さをアピールしていないことを相手に対して伝えるために使用するのが正しい使用例です。

この言語はまだブロント語においては初心者向けの言語に近いため、恐らく意味については相手の方は理解してくれますので日常で使用することも可能な言葉です。

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」の類語や言いかえ

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」の類語および言いかえですが、誤字による意味が通じるであろう言葉に置き換えると、「破壊力ばつ牛ン」などがブロント語の類語や言いかえに当たり、意味は、破壊力抜群です。

他にも、「カカッっと」は、「カカッと」であるなど細かな誤字を含めるとブロント語の言いかえや類語は多数存在します。

まとめ

「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」等、ブロント語と呼ばれる言語は言ってしまえば、2ちゃんねる特有の面白い人物を穿り回す文化によって生み出されます。

つまりは、この言葉自体はそれほど意味はありませんが、周囲が面白がることにより、ブロント語と呼ばれる文章が面白がられているに過ぎず、「俺は別に強さをアッピルなどしてはいない」の他にも、「致命的な致命傷」に、「俺の怒りが有頂天になった」など単語自体を誤用して生まれた言葉などを含めると如何にブロントという人物が面白い人物だったかが分かるのがこの言語になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典