「個人事業主」と「フリーランス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「個人事業主」と「フリーランス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「個人事業主」「フリーランス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「個人事業主」とは?

「個人事業主」の意味と概要について紹介します。

「個人事業主」の意味

「個人事業主」「こじんじぎょうしゅ」と読みます。

意味は「法人を設立せずに、税務署に開業届を出して、個人で事業をする人のこと」です。

「個人事業主」の概要

「個人事業主」は、株式会社など法人を設立せずに、個人で事業を営む人のことを言います。

サラリーマンの様に、企業に属して働いている人ではなく、個人として直接ビジネスをしている人に対して使われます。

働き方ではなく税務上の区分であり、「個人が独立して継続的に事業を行っている」と見なされます。

仕事の進め方はフリーランスと同じですが、事業をする上で税務署に「開業届」を提出して、「青色申告」を行います。

具体的には小売店や飲食店のオーナーや、フリマに出店している人などがいます。

「フリーランス」とは?

「フリーランス」の意味と概要について紹介します。

「フリーランス」の意味

「フリーランス」は、「特定の企業や組織と雇用契約を結ばずに、個人として仕事を請け負う働き方のこと」という意味です。

「フリーランス」の概要

「フリーランス」は、特定の企業は組織と雇用契約を結ぶのではく、個人で独立してクライアントから仕事を請け負う働き方をしている人ことを言います。

クライアントが募集している案件単位で契約を結び、成果物を納品して収入を得ます。

具体的には「Webデザイナー」「プログラマー」「イラストレーター」「ライター」などがあります。

仕事を請け負わなければ収入はありませんが、自分のペースに合わせて仕事ができます。

「個人事業主」と「フリーランス」の違い!

「個人事業主」「法人を設立せずに、税務署に開業届を出して、個人で事業をする人のこと」です。

「フリーランス」「特定の企業や組織と雇用契約を結ばずに、個人として仕事を請け負う人のこと」です。

まとめ

今回は「個人事業主」「フリーランス」の違いをお伝えしました。

「個人事業主は開業届を出す」「フリーランスは開業届を出さない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典