スポンサーリンク

「借入金」と「貸付金」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「借入金」と「貸付金」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「借入金」「貸付金」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「借入金」とは?

借りたお金を意味する「借入金」

そのお金を借りた相手は誰でも構いません。

銀行からでも、個人からでも、消費者金融からでも、どんな相手からでも借りたお金を「借入金」と言います。

そして、「借入金」には、返済義務が生じます。

そのため、親からもらったお金、相続したお金は返済する必要がないため、「借入金」とは言いません。

そのほか、企業が発行する社債、国や自治体などが発行する公債なども大きなカテゴリーでは、「借入金」となります。

「借入金」の使い方

「借入金」には、主に2種類があり、返済期限が1年以内の「借入金」「短期借入金」

返済期限が1年以上のものを「長期借入金」と言います。

そのほか、「一時借入金」「役員借入金」「借入金の利息」「社債借入金」「借入金の仕分け方法」などがあります。

「貸付金」とは?

貸したお金を意味する「貸付金」

お金を貸した相手は誰でも構いません。

企業に貸したお金、個人に貸したお金など相手を選ばず、貸したお金を意味します。

貸したお金ということで、「貸付金」の場合、返してもらうことができるお金となり、決して、負債ではありません。

「貸付金」は、貸した企業、貸した人の資産と言えるのです。

「貸付金」の使い方

「貸付金」には、主に2種類があり、1年以内に返済期限が来る「貸付金」「短期貸付金」

返済期限が1年以上のものを「長期貸付金」と言います。

そのほか、「役員貸付金」「契約貸付金」「貸付金の仕分け」「当座貸付金」などがあります。

「借入金」と「貸付金」の違い

借りたお金が「借入金」

貸したお金が「貸付金」

といった違いがある「借入金」「貸付金」の違い。

その違いは明確です。

また、「借入金」の場合は、負債となり、「貸付金」の場合は、資産になると言えます。

その点において、「借入金」「貸付金」には、大きな違いがあります。

「借入金」の例文

・『私は、毎月、借入金の返済に追われています。』
・『お金を借りる前に借入金返済計画を立てることは、とても大切なことです。』
・『今回の費用のすべては、私の借入金で賄いました。』
・『住宅借入金等特別控除申告書の作成は、少し難しい。』

「貸付金」の例文

・『貸付金の支払い条件を確認する。』
・『返済日をとっくに過ぎているため、貸付金督促状を送る手配をした。』
・『貸付金は、その企業、その人の資産の一部となります。』
・『私は会社で、貸付金の会計処理を担当しています。』

まとめ

同じお金でも、借りているお金なのか、貸しているお金なのか、といった違いとなる「借入金」「貸付金」

言葉の中にも「借りる」「貸す」といった漢字が使用されているため、意味も分かりやすくなっています。

そのため、使い分けにおいて、さほど、難しい言葉ではありません。

また、「借入金」「貸付金」も相手は企業や個人など選びません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典