スポンサーリンク

「健闘」と「善戦」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「健闘」と「善戦」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「健闘」「善戦」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「健闘」とは?

「健闘」「けんとう」と読みます。

意味は「不利な条件や困難に負けずに努力して戦うこと」です。

その戦いをする中で、自分達にとって不利な状況であるのに、立派に戦うことを言い、「ケガにも負けずに健闘した」などと言います。

あくまで勢いよく一生懸命戦う様子を表した言葉で、内容や戦術などを評価するものではありません。

また、必ず相手がいるとは限らず、仕事や試験など、大きな努力を必要とされる時に使われることもあります。

更に、最後まで戦い抜いたかどうかまでの意味は含まれていません。

「健闘を祈る」は、これから戦いを控えている相手に対して「一生懸命頑張れ」と励ます意味の言葉です。

「善戦」とは?

「善戦」「ぜんせん」と読みます。

意味は「力を尽くして立派に戦い抜くこと」です。

「善戦」は、主に力が弱く負けた側の戦いぶりを評価する言葉で、「善戦したが惜しくも破れた」などと言います。

自分よりも実力が上の相手に対して、十分に力を発揮して素晴らしい戦いぶりを見せた時に使われます。

こちらは勢いや意欲だけではなく、内容や戦術までを含めて「良い試合だった」と思うことを表します。

どちらかというと戦った当事者ではなく、周囲の人から見て使う言葉です。

「健闘」と「善戦」の違い!

「健闘」「不利な条件や困難に負けずに努力して戦うこと」です。

「善戦」「力を尽くして立派に戦い抜くこと」です。

まとめ

今回は「健闘」「善戦」の違いをお伝えしました。

「健闘」「一生懸命戦う」「善戦」「良い戦いぶりを見せる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典