スポンサーリンク

「偶数月」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「偶数月」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「偶数月」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「偶数月」の意味

2で割り切れる数の月。

「偶数月」の解説

「偶数」とは、2で割り切れる整数のことです。

2、4、6、8などが偶数になります。

「偶数月」は、2で割り切れる数字の月のことで、2月、4月、6月、8月、10月、12月がこれにあたります。

偶数月の15日には年金の支給があり、指定の口座に振り込みされます。

15日が金融機関の休業日の場合は、14日の支給です。

毎月年金支給があるのではなく年に6回なのは、事務手数料を抑えるためではないかと考えられます。

隔月、偶数月にだけ発行している雑誌などもあります。

2で割り切れない数字の月のことは奇数月といいます。

「偶数月」の使われ方

「偶数月だから年金が支給される」「偶数月だから雑誌を買わなくちゃ」のような使われ方をします。

人間はカレンダーを意識して生活をしており、「偶数月」という言葉は日常生活で使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典