スポンサーリンク

「傲慢」と「傲岸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「傲慢」と「傲岸」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「傲慢」「傲岸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「傲慢」とは?

「傲慢」とは、思い上がって、人を馬鹿にして偉そうな態度をとること、礼儀を欠いていることです。

またそのような人という意味でもあります。

「いつからか、彼女は傲慢な態度をとるようになった」「あなたは本当に傲慢だ」などと、使います。

「傲岸」とは?

「傲岸」とは、自分が優れていると思って他を馬鹿にしたり、相手に対して謙遜するといったことがないことを言います。

「あんな傲岸な奴と結婚したら苦労するぞ」「前の会社では部長であっても、ここでは新入り。

そんな傲岸な態度では駄目です」
などと、使います。

「傲慢」と「傲岸」の違い!

「傲慢」「傲岸」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「人に嫌われるような言動」という意味合いでは共通しています。

「傲慢」とはうぬぼれて、横柄になっていること、人を馬鹿にして礼を欠いていることを言います。

つまり勘違いして調子に乗っているような人に使います。

一方の「傲岸」は、自分は優れているという認識があり、他を馬鹿にしたり、謙遜することがないという意味になります。

簡単に言えば、威張っている人です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「傲慢」「傲岸」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも人として残念な言動、性格を意味していますが、違いを理解して正しく使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典