「傷害保険」と「医療保険」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「傷害保険」と「医療保険」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「傷害保険」「医療保険」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「傷害保険」とは?

「傷害保険」の意味と概要について紹介します。

「傷害保険」の意味

「傷害保険」「しょうがいほけん」と読みます。

意味は「突然の事故によりケガ又は死亡した時に支払われる保険のこと」です。

「傷害保険」の概要

「傷害保険」は、突然の事故によりケガしたり、死亡した時に支払われる保険のことを言います。

定義として「突然であること」「自分の意思に関係ないこと」「外部からの要因であること」があり、これらが該当するケースとして最も大きいのが「交通事故に巻き込まれた場合」です。

その他にも何らかの事故に巻き込まれてケガしたり死亡した場合に「傷害保険」適用されます。

入院した場合は適用外になりますので、下で紹介する「医療保険」が必要になります。

尚、「傷害保険」は加入前に健康状態についての告知義務はありません。

「医療保険」とは?

「医療保険」の意味と概要について紹介します。

「医療保険」の意味

「医療保険」「いりょうほけん」と読みます。

意味は「病気やケガで入院や手術した時に支払われる保険のこと」です。

「医療保険」の概要

「医療保険」は、病気やケガで入院した場合に支払われる保険のことを言います。

病気やケガなどは、誰にでも可能性があるので、加入している人も多くなります。

入院すると経済的に大きな負担になるのですが、「医療保険」に入っていれば医療費を軽減できます。

「医療保険」は、病気だけではなく事故に巻き込まれてケガしたなど、結果的に病院に入院して治療を受ける時に適用されるのです。

ただし、加入前に健康状態についての告知義務があり、審査を受けることになります。

「傷害保険」と「医療保険」の違い!

「傷害保険」「突然の事故によりケガ又は死亡した時に支払われる保険のこと」です。

「医療保険」「病気やケガで入院や手術した時に支払われる保険のこと」です。

まとめ

今回は「傷害保険」「医療保険」の違いをお伝えしました。

「傷害保険は事故でケガしたり死亡した時に貰える」「医療保険は病気やケガで入院した時に貰える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典