「傾倒」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「傾倒」

「傾倒(けいとう)」とは傾き倒れることや、傾けて倒すことを言いますが、もう一つの意味としてある物事に深く惹かれること、夢中になること、慕うことといったものもあります。

それでは「傾倒」という言葉の意味、使い方、例文などを紹介していきましょう。

「傾倒」の意味

「傾倒」の意味は、大きく分けて二通りあります。

一つ目は、傾き倒れる、傾けて倒れるといった意味です。

二つ目はある物事に心を強く奪われる、惹かれること、夢中になること、ある人を尊敬して慕うことといった意味合いになります。

よく使われる意味は二つ目の方ではないでしょうか。

少々難しい言葉ですが、文章の中には時々出てきますし「傾倒」と一言で、心から夢中になっている、尊敬して慕っているなど表すことができますので非常に便利な言葉です。

「傾倒」の言葉の使い方

「傾倒」と言う言葉は少々難しい、大人っぽいというイメージを持たれるのではないでしょうか。

人、主義、物事、思想といったものに対して心が奪われている、惹かれている、夢中になることを言います。

長々と説明しなくても「傾倒している」と言えばそのような状態が一言で伝わりますので、覚えておくと何かと便利な言葉とも言えるでしょう。

また「傾倒」と似た意味の言葉がいくつかありますが少しずつ意味が違います。

まず「心酔(しんすい)」があります。

これは深い尊敬の気持ちを表しています。

続いて「陶酔(とうすい)」という言葉もありますが、これは心地良く酔っていること、うっとりしていることを表す時に使います。

このように、少しずつニュアンスが違いますので、その時の状態に合わせて使うようにしましょう。

「傾倒」を使った例文・短文(解釈)

それでは「傾倒」を使った例文と解釈をいくつか紹介しましょう。

「傾倒」の例文1

「彼女は今、スピリチュアルに傾倒している」

それまでの自分の価値観を変えてくれるようなこと、はっと目を覚まされたような感覚になることがあります。

上手くいかないと嘆いていたり、ネガティブ思考に陥っている人が、ある時スピリチュアル的な考え方や、メンタルコーチなどと出会うことでがらっと変わることがあります。

スピリチュアルに「傾倒」することは悪いことではありませんが、一つの考え方、一人の人だけをひたすら信じていくのは時に危険な場合もあります。

あらゆる角度から、ニュートラルな視点で自分を見つめることが大事でしょう。

「傾倒」の例文2

「健康と美容の為に、ダイエットに傾倒している様子だ」

健康に悪いと思ってもなかなか運動したり、食べるものを節制したりというのはできないものです。

ついつい「明日から」などと考えて面倒になってしまう、そんな人も多いのではないでしょうか。

しかし、一旦ストイックになり、ダイエットを始めますと、今度はダイエットをしない生活が違和感を覚えてくるのです。

体が引き締まったり、痩せ始めますと、さらにやる気も出てダイエットに傾倒していくということはよくあることです。

「傾倒」の例文3

「あの人の考え方に傾倒するのは、危険だよ」

「傾倒」 とは、ある人、物事に強く惹かれて夢中になることを言います。

それはいいことであれば問題はないのですが、悪い影響を与えてしまうものに「傾倒」するのは周りからすれば心配になります。

特に人間に対して「傾倒」してしまいますと、何から何まで影響を受けてしまいますので注意は必要でしょう。

「傾倒」の例文4

「人の考え方に傾倒し過ぎると自分を失う恐れがある」

ある物事、人、思想といったものに「傾倒」することは誰でもあるものですが、それが度を越すと、自分らしさを失くしてしまう恐れもあります。

極端過ぎるのも、バランスがいいとは言えません。

程々、ニュートラルな考え方ができる人でいた方が、生きやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典