スポンサーリンク

「働く」と「稼ぐ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「働く」と「稼ぐ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「働く」「稼ぐ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「働く」とは?

「働く」「はたらく」と読み、主な意味は以下の通りです。

1つ目は「仕事する」という意味で、内容にかかわらず労力を使って役割を果たすことを言います。

2つ目は「生計を維持する為に一定の職に就く」という意味で、生活を成り立たせる為に職業を持つことを言います。

3つ目は「機能する」という意味で、あるもの作用により結果が生じることを言います。

4つ目は「脳が活性化する」という意味で、頭がよく回る様になることを言います。

5つ目は「悪事をする」という意味で、悪いことをやらかすことを言います。

上記に共通するのは「活発にうごっく」という意味です。

「働く」の使い方

「働く」「仕事する」「生計を維持する為に一定の職に就く」「機能する」「脳が活性化する」「悪事をする」という意味で使われます。

動詞として「働く・働いた」と使われたり、副詞として「働いて」と使われたり、名詞として「働き」と使われたりします。

基本的に、実際に身体や本体を動かして、何らかの役割を果たすことに使われる言葉です。

「稼ぐ」とは?

「稼ぐ」「かせぐ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「生計を立てる為に一生懸命労働する」という意味で、お金を得る為に熱心に労力を使うことを言います。

2つ目は「働いてお金を得る」という意味で、仕事して報酬を得ることを言います。

3つ目は「競技で得点を上げる」という意味で、頑張って少しでも多く得点を貰うことを言います。

4つ目は「点数を稼ぐ」として使われ、「自分が有利になる様に立ち回る」という意味です。

5つ目は「時間を稼ぐ」として使われ、「都合がよくなるまで何かして時間を費やすこと」という意味です。

上記に共通するのは「代価を得る」という意味です。

「稼ぐ」の使い方

「稼ぐ」「働いてお金を得る」「競技で得点を上げる」「自分が有利になる様に立ち回る」「都合がよくなるまで何かして時間を費やすこと」という意味で使われますん。

動詞として「稼ぐ・稼いだ」と使われたり、副詞として「稼いで」と使われたり、名詞形は「稼ぎ」になります。

基本的に、お金など代償となるものを得る為に一生懸命労力を費やすことに使われる言葉です。

「働く」と「稼ぐ」の違い

「働く」「実際に身体や本体を動かして、何らかの仕事や役割を果たすこと」という意味です。

「稼ぐ」「お金など代償となるものを得る為に一生懸命労力を費やすこと」という意味です。

「働く」の例文

・『彼は美容師として働いている』
・『両親は朝から晩まで働き詰めだった』
・『彼女は工場で働きながら資格を取得した』
・『子供は悪いことに関してはよく知恵が働くものだ』

「稼ぐ」の例文

・『彼は仕事を掛け持ちして稼いだ』
・『学費を稼ぐ為にアルバイトしていた』
・『彼は上司に対して点数稼ぎをしている』
・『プロジェクターが治るまで必死でしゃべって時間稼ぎをした』

まとめ

今回は「働く」「稼ぐ」について紹介しました。

「働く」「身体を動かして仕事する」「稼ぐ」「代償を得る為に一生懸命労働する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典