「優遇」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「優遇」とは

優遇とは「ゆうぐう」と読み、手厚く待遇することや十分にもてなすことを指しています。

厚偶や好遇と表現することもあり、その対義語は冷遇になります。

優遇は優先的に扱う事を指し、例えば求人広告を出す時、経験者優遇、?の資格を持つ人優遇、などと表現することがあります。

「優遇」の意味

一定の条件を持つ人を優遇する、などというニュアンスで使われることが多く、そこにはその条件を満たしている人は優先的に扱われる、得をすることがある、という意味があります。

求人広告や税金対策等において優遇という言葉が使われることが多く、そこには特定の資格を持っている人や特定の職業についている人など、特定の条件を満たしている人などは得をすることがある、という意味になります。

「優遇」という言葉の使い方

求人広告等では年齢や経験を考慮して優遇される旨が記述されていることがあります。

確かに、大学を卒業したばかり、高校卒業したばかり、という人よりは何かしら他の分野で経験のある人の方が仕事をスムーズにこなすことができますし、同様の分野で活躍したことがある人であればなおさら、新しい職場でも歓迎されるでしょう。

最近は転職に対する抵抗がなくなりつつありますので、経験者優遇などという広告を見て応募する、という人も多いのではないでしょうか。

「優遇」の言葉の例文

それならば優遇とはどのようなニュアンスで使われるのでしょうか。

ここでは優遇という言葉の例文をいくつか紹介します。

「優遇」の例文1

「看護経験のある人を優遇します」

高齢社会となり、老人ホーム等でも多くの求人が出ています。

しかしそのような中でも特に看護経験がある人を優遇すると言われることも多く、病院で看護師を募集する時にも当たり前のように「一定の看護経験がある人」「何年間の看護経験がある人」が優遇されるなどということも少なくありません。

というのは、ただ資格があるけれど1度も使ったことがないため1度も働いたことがない、という人ではなく、実際にその資格を使って働いたことがある人の方が優遇されやすいのです。

「優遇」の例文2

「子供がいる人を優遇します」

日本は少子化社会であり、子供がいると周りから冷たい目で見られることも少なくありません。

しかし、例えば遊園地などでは子供がいる人の方が優遇されることもあり、税金なども子供がいると税率が下がるなどといったメリットがあります。

そのため子供がいたほうが得をすることもあるのです。

その一方でまだまだ子供がいるからといって優遇されることが少なく、少子化が急速に進みつつあると言えるでしょう。

「優遇」の例文3

「税制優遇制度をチェックしてください」

税金においても優遇制度があります。

優遇制度というのは一定の条件を満たした団体に関しては他とは違う課税措置がなされるということであり、社会福祉法人等では優遇制度が使われることも少なくありません。

そして特定公益増進法人という資格を持つ団体の場合、そこに寄付をすることによって税金が1部控除されるというメリットもあります。

税金控除に関しては複雑なところも多く、きちんと税務署に問い合わせてみないとわからないことも珍しくありません。

そのためわからないところは自分たちでしっかりと確認する必要があるのです。

「優遇」の例文4

「経験があっても優遇されない場合もある」

仕事では未経験者であっても問題ない場合もあり、経験者であっても優遇されないなどということも珍しくありません。

もちろん経験がある人の方がスムーズに新しい仕事を進めていけそうに感じるものですが、その一方で未経験の人であっても、教育を受けることによってすぐにスキルを伸ばすこともできるなどという場合、経験者も優遇されないということがあります。

とは言え、やはり新しい仕事を探すときには経験やスキル、資格などが大切になりますので、就職や転職を考えるのであれば必要なものは手にしておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典