「儲ける」と「稼ぐ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「儲ける」と「稼ぐ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、 「儲ける」「稼ぐ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「儲ける」とは?

「儲ける(もうける)」とは、「金銭的な利益を得ること」を意味する言葉ですが、特に「ギャンブル・投資などで予想外のお金(利益)を手に入れること」を意味しています。

「儲ける」という表現には、「子供をつくること・子を得ること」「人との縁を結ぶこと・自分の身に受けること」といった意味合いもあります。

例えば、「一人目の子供を儲けました」「彼女との縁を儲けることができました」などの例文で使うことができます。

「稼ぐ」とは?

「稼ぐ(かせぐ)」とは、「経済的な利益を得ること」を意味する言葉ですが、特に「仕事をして収入を得ること・コツコツと働いてお金を得ること」を意味しています。

「稼ぐ」という言葉には、「都合の良いところまで時間を経過させること」「スポーツの試合などで得点を得ること」「評価を高めること」の意味もあります。

例えば、「試合終了まで時間を稼ぎました」「サッカーの試合で得点を稼ぎました」「先生からの評価を稼ぎました」などの文章で使われます。

「儲ける」と「稼ぐ」の違い!

「儲ける」「稼ぐ」の違いを、分かりやすく解説します。

「儲ける」「稼ぐ」「金銭的な利益を得ること」の意味合いは共通していますが、「儲ける」のほうは「ギャンブル・投資などを含めて仕事以外の偶発的な行為でお金を得ること」の意味のニュアンスがある違いを挙げられます。

「儲ける」に対して「稼ぐ」というのは、「仕事をして収入を得ること」の意味のニュアンスが強い違いがあるのです。

また「儲ける」には「稼ぐ」にはない、「子供を得ること」「人との縁をつなぐこと」などの意味があります。

反対に「稼ぐ」のほうには「儲ける」の言葉にはない、「試合で得点を得ること・評価を高くすること」「自分にとって丁度良いところまで時間を経過させること」などの意味がある違いを指摘できます。

まとめ

「儲ける」「稼ぐ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「儲ける」とは「金銭的な利益を得ること・子供をつくること・人と縁を結ぶこと」を意味していて、「稼ぐ」「働いてお金を得ること・スポーツで得点を得ること」などを意味している違いがあります。

「儲ける」「稼ぐ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典