スポンサーリンク

「元気づける」と「勇気づける」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「元気づける」と「勇気づける」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「元気づける」「勇気づける」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「元気づける」とは?

「元気づける」とは、やる気を失っている、気力を失くしている人に声をかけるなどして、活動する気力を盛んになるように導いたり、応援することを言います。

「歌で元気づける」「お菓子を差し入れして、元気づける」「温かいコーヒーで自分を元気づける」などと、使います。

「勇気づける」とは?

「勇気づける」とは、物事を恐れない強い心を出すように、勇ましく立ち向かえるように、言葉をかけたり応援したり導くことを言います。

「彼のメッセージが私を勇気づける」「君なら大丈夫だと、何度も励まして勇気づける」「試合前に緊張している選手を、とにかく褒めて勇気づけることにしている」などと、使います。

「元気づける」と「勇気づける」の違い!

「元気づける」「勇気づける」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも人を前向きにさせる為の言動という共通点があります。

「元気づける」は活動する気力をわかせる、活き活きと盛んにさせるといった意味になります。

「勇気づける」とは物事を恐れない強い心を持たせる、勇ましく向かっていかせるといった意味です。

このような意味がありますので、悲しんでいる、落ち込んでいるといった人には「元気づける」を使い、緊張している、怖気づいているといった人には「勇気づける」を使うようにするといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「元気づける」「勇気づける」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して、ふさわしい方を選び使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典