スポンサーリンク

「入り江」と「湾」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「入り江」と「湾」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

海にまつわる地形は、とても複雑です。

この記事では、「入り江」「湾」の違いを分かりやすく説明していきます。

まぎらわしい地形図を、正しくおさえていきましょう。

スポンサーリンク

「入り江」とは?

入り江とは、海岸線がくぼんでいる部分のこと。

プライベートビーチのように、小さな浦ができている場所です。

入り江のことを、入り海と呼ぶこともあります。

海や川の水のパワーで海岸線が削り取られ、くぼんだ場所に水がたまって作られるのが「入り江」です。

入り組んだ地形になっているので、波もそれほど高くなく、場所によっては養殖場として利用されている所もあります。

入り江が多く見られるのは、リアス式海岸などです。

ギザギザとした複雑な地形をしているので景観が美しいものの、津波や高潮の被害に遭いやすいというデメリットもあります。

「湾」とは?

湾とは海の一部が、陸地に入り込んだ場所のこと。

東京湾や相模湾、富山湾なども「湾」の仲間です。

日本の周りには、広くて大きな湾がいっぱいあります。

湾は半島に囲まれた、くぼみの部分にあたります。

川から流れてきた水が最初に貯まる、大きな湖のような場所です。

外海とくらべて波がおだやかなので、港が作られ多くの船やタンカーがとまっています。

水産業や貿易業において、とても大切なスポットです。

おだやかな海を楽しめる湾ですが、場所によっては「水はけが悪い」という注意点もあります。

また台風が訪れると、付近の住宅に「高潮による被害が出やすい」という懸念もみられます。

「入り江」と「湾」の違い

どちらも日本でよく見る地形です。

「入り江」「湾」の違いを、分かりやすく解説します。

・小さなものは入り江、大きなものは湾
「入り江」「湾」は写真で見ると、とてもよく似ているので紛らわしいです。

簡単に説明するなら、より小さなくぼみが「入り江」

入り江より大きなくぼみが「湾」になります。

入り江は個人のお客さんが海水浴や釣りを楽しむ、小さなサイズの浦です。

静かで落ちついた雰囲気のある、プライベートビーチのような場所です。

地域によっては波のおだやかな入り江で、牡蠣や真珠などの養殖もおこなわれます。

それに対する湾は、スケールが大きく広大なもの。

「東京湾」「相模湾」というように、日本地図にも載るような立派な湾名が名付けられています。

また面積がとても大きいので、大型のタンカーや観光船が停まっていることもあります。

近くには漁港や魚市場などがあり、水産業の拠点にもなっています。

小さな入り江の波はおだやかです。

対する湾は、沖にいくほど波が荒れる特徴があります。

コンパクトな地形が入り江。

よりダイナミックな地形が湾です。

まとめ

「入り江」「湾」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも日本の海で、よく見る地形です。

入り江はリアス式海岸のひとつで、入り組んだ海岸線のこと。

くぼんだ浦です。

そして湾は東京湾のような、広い海のくぼみを指します。

違いを知って、地形を正しく学んでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典