スポンサーリンク

「全ツッパ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「全ツッパ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「全ツッパ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「全ツッパ」の意味

投資額を気にせずにパチンコやスロットを打ち続けること

「全ツッパ」の解説

「全ツッパ」は、パチンコやスロットに関して使われる言葉です。

投資額を気にせずにパチンコやスロットを打ち続けることを意味します。

もちろん、手持ちの金額には限りがあり、パチンコ・スロット店には営業時間があります。

「全ツッパ」は持っているお金が尽きるまで、営業時間の限り打ち続けることです。

高設定が確定したときに行われることがあります。

もともとは麻雀で使用されていた言葉で、他の人がリーチをかけていたり、大きな手であることが明らかなのに降りないことに使われていました。

「全ツッパ」の使われ方

「閉店まで全ツッパしてしまった」「当たるまで全ツッパする」などのように使用します。

「全ツッパ」という言葉は、パチンコやスロットを行っている本人も、それ以外の人も使える言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典