「公共スポーツ施設」と「民間スポーツ施設」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「公共スポーツ施設」と「民間スポーツ施設」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「公共スポーツ施設」「民間スポーツ施設」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「公共スポーツ施設」とは?

「公共スポーツ施設」とは、「地方自治体(県・市区町)が所有していて、税金で運営されている各種のスポーツ施設」を意味しています。

「スポーツ施設」には、「スタジアム・球場・アリーナ・競技場・体育館」などがあります。

「公共スポーツ施設」というのは全国に約5万ヶ所あるとされる公共のスポーツ施設であり、税金で運営されているため、無料あるいは安価な料金で利用することができます。

「民間スポーツ施設」とは?

「民間スポーツ施設」とは、「民間企業がビジネス(営利目的)で所有していて有料で開放している各種のスポーツ施設」を意味しています。

「民間スポーツ施設」には大きな球場・スタジアム・体育館などもありますが、数の上ではコナミスポーツクラブやルネサンスのような毎月の会費を支払って利用するフィットネスクラブが多くなっています。

「民間スポーツ施設」は、全国に約1~2万ヶ所あるとされています。

「公共スポーツ施設」と「民間スポーツ施設」の違い!

「公共スポーツ施設」「民間スポーツ施設」の違いを、分かりやすく解説します。

「公共スポーツ施設」「民間スポーツ施設」の最大の違いは運営母体の違いにあります。

「公共スポーツ施設」「県・市区町村などの地方自治体(地方公共団体)」が経営していますが、「民間スポーツ施設」「民間の企業・会社」が経営しているのです。

そのため、税金で運営されている「公共スポーツ施設」の多くは「安価な料金・無料」で利用することができますが、ビジネス目的で運営している「民間スポーツ施設」のほうは「一定の料金・会費(フィットネスクラブの毎月5,000円~10,000円程度の会費など)」を支払わないと利用できない違いを指摘できます。

まとめ

「公共スポーツ施設」「民間スポーツ施設」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「公共スポーツ施設」とは「地方自治体(県・市区町)が所有していて税金で運営している各種のスポーツ施設、全国に約5万ヶ所ある公共のスポーツ施設」を意味していて、「民間スポーツ施設」「民間企業が営利目的で所有していて有料で開放している各種のスポーツ施設(フィットネスクラブを含めて全国に約1~2万ヶ所)」を意味している違いがあります。

「公共スポーツ施設」「民間スポーツ施設」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典