スポンサーリンク

「共益費」と「管理費」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「共益費」と「管理費」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「共益費」「管理費」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「共益費」とは?

賃貸物件に暮らす際に発生する「共益費」

このお金は、賃貸物件における共用部分に使用されるものとなります。

賃貸物件のマンションやアパートで暮らすことになると、必ず住民の人が利用する共用部分が発生します。

マンションやアパートの玄関となるエントランス部分や各階の廊下、階段。

そして、エレベーターなども共用部分になります。

そのような住民が共同で使用する共用部分を維持管理するためにはお金が必要です。

例えば、階段や廊下の電球が切れた場合の電球代。

そして、切れた電球を交換する人件費。

それらに関する電気代なども「共益費」の中から負担するものとなります。

このような場所にかかる費用を住民みんなで平等に負担するために「共益費」というものが存在します。

「管理費」とは?

一方、「管理費」は、マンションやアパートの建物全体を管理するために必要な費用を指します。

一般的にはマンションやアパートの場合、管理会社が建物の管理を行っており、一括で様々な個所の管理を行っています。

建物全般に必要なお金を意味することから、「管理費」は幅広い目的で使用されるお金となります。

「管理費」の場合、主に中規模マンション以上のケースで支払いが発生することが多い費用となります。

理由としては、中規模マンション以上の場合、在中する管理人の人件費といったものも住民みんなで負担する必要があり、そのため、「管理費」が請求される場合が多くなります。

「共益費」と「管理費」の違い

賃貸物件を探す際、気になる「共益費」「管理費」

ただし、そう大きな違いはないため、特に気にする必要はありません。

例えば、「共益費」「管理費」共に0円となっている物件と「共益費」「管理費」共に毎月の負担額が決められている物件があった場合、どうしても、「共益費」「管理費」共に無料の物件の方がお得に感じるかと思います。

しかし、それは大きな間違いです。

「共益費」「管理費」がゼロ円になっている場合、家賃に含まれていると考えて間違いありません。

賃貸物件に暮らす際、家賃がいくらで、「共益費」がいくら、「管理費」がいくら、など別々で負担することはなく、毎月、まとめて負担することになります。

そのため、賃貸物件選びを行う際は、総額でいくらなのかという点を踏まえ選ぶことが大切です。

そう思えば、「共益費」「管理費」の違いも気になりません。

もちろん、「共益費」「管理費」の負担がないからと言って、廊下の電球が切れたまま、エレベーターを使うことができない、などといったことはありません。

まとめ

以上が「共益費」「管理費」の違いです。

どこの費用を指すのかといった違いはあるものの、さほど、大きな違いはなく、賃貸物件によって明記の仕方が異なるため、そう気にする必要はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典