「内容」と「詳細」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「内容」と「詳細」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「内容」「詳細」の違いを分かりやすく説明していきます。

「内容」とは?

「内容(ないよう)」とは、「容器(入れ物)の中に入っているもの」「ある物事を成り立たせている中身・実体」を意味しています。

「内容」という言葉には、「文章・会話・言葉によって相手に伝達しようとしている事柄、その事柄の意味」といった別の意味合いもあります。

例えば、「グラスの内容はワインでした」「素晴らしい講義の内容でした」「会話の内容がよく分かりませんでした」などの文章で使われます。

「詳細」とは?

「詳細(しょうさい)」とは、「物事・情報などが詳しくて細かいこと、詳しくて細かいさま」を意味している言葉です。

「詳細」という表現は、「細かい部分に至るまで詳しいこと、詳しい内容」のことを意味しているのです。

例えば、「仕事の詳細は改めてご説明させて頂きます」「その事件の詳細は不明でした」といった例文で使用することができます。

「内容」と「詳細」の違い!

「内容」「詳細」の違いを、分かりやすく解説します。

「内容」「詳細」「物事や文章の中身」という大まかな意味合いには共通するところがありますが、「詳細」という言葉は「詳しくて細かい中身」「物事・情報などの内容の詳しさや細かさ」まで意味している違いがあります。

「詳細」に対して、「内容」のほうは「中身が詳しくないこと・細かくない場合(=詳細ではない内容)」も含んでいる違いを指摘できます。

また「内容」には「詳細」にはない多くの別の意味があります。

例えば、「物事を成り立たせている中身」「容器・入れ物の中に入っているもの」といった「内容」の意味は、「詳細」にはないという違いがあるのです。

そのため、「瓶の内容はウイスキーでした」の文章を、「瓶の詳細はウイスキーでした」と言い換えることはできません。

まとめ

「内容」「詳細」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「内容」とは「物事の中身・実体」「容器などの中に入っているもの」などを意味していて、「詳細」「細かい部分に至るまで詳しいこと・細部まで詳しい内容」を意味している違いがあります。

「内容」「詳細」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典