スポンサーリンク

「内緒」と「内密」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「内緒」と「内密」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「内緒」「内密」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「内緒」とは?

表沙汰にしないことを意味する「内緒」

表向きにはせずに内々で隠しておくこと、人に知られないようにしておくことを「内緒」と言います。

特に話し言葉で用いられる言葉となり、会話中でもよく用いられる言葉です。

このような意味を踏まえ、「内緒」の類語には、「秘密」をはじめ、「極秘」「隠ぺい」「プライバシー」「シークレット」「ここだけの話」などがあります。

「内緒」の使い方

「内緒」の場合、「内緒にする」といった使い方のほか、「内緒の話」「内緒ごと」「内緒話」などといった言葉もあります。

そして、このような言葉は主に会話文として用いられます。

「内密」とは?

「内密」の意味も「内緒」同様、表沙汰にしないことです。

ただし、「内密」の場合、文章用語となり、また、使用される際は、社内などで部外者に秘密を知られないようにするといった意味で用いられることが多く、友達関係などでの間で用いることは適当ではありません。

「内密」の場合、重大な事柄や世の中や社会に関係深い事柄について用いられる言葉となります。

このような意味を踏まえ、「内密」の類語には、「機密事項」「社外秘」「シークレット」「密か」「極秘」などがあります。

「内密」の使い方

「内密」の場合、「内密にする」といった使い方のほか、「内密に処理する」「内密に動く」「内密に相談する」「内密の報告」「内密の会合」「内密の知らせ」「内密の交渉」などといった使い方があります。

「内緒」と「内密」の違い

表沙汰にしないといった意味では全く同じ意味を持つ「内緒」「内密」

主な違いは、「内緒」は会話中に用いられる言葉で、「内密」は文章内で用いられる言葉となる点です。

また、「内緒」は比較的、一般的な会話で用いられ、友達の間などでも気軽に用いる事ができる言葉に対し、「内密」は、世間や社会、会社内などで関わるを持つ事柄や重大な事柄において用いる言葉といった違いがあります。

「内緒」の例文

・『内緒話ほど、見ていて気持ちがよくないものはないと思います。』

・『夫に内緒で、自分へのご褒美として高級ブランドバッグを購入しました。』

・『友達どうして行う内緒の話ほど楽しい話はありません。』

・『私がここに来たことは彼には内緒にしてください。お願いします。』

「内密」の例文

・『この情報に関しては内密の動くよう、上司から指示がありました。』

・『今夜、いつもの場所で、内密の会合が開かれるそうです。』

・『今後のことについて、内密に相談する場を設けることになった。』

・『上司から、今回の件を内密に処理するように言われました。』

まとめ

以上のように同じ意味を持つ言葉ですが、使用する場面や内容に応じて、適した使い分けが求められる、「内緒」「内密」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典