スポンサーリンク

「内部告発」と「密告」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「内部告発」と「密告」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「内部告発」「密告」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「内部告発」とは?

最初に「内部告発」(ないぶこくはつ)の意味をご説明致します。

「内部告発」とは、会社などの組織で行われている、不正行為や違法行為を、社員や関係者が、監督庁などの機関へ知らせることです。

「密告」とは?

次に「密告」(みっこく)の意味を解説していきます。

「密告」の場合は、主に他人の悪行などを、誰にも知られないように、関係先や警察機関に連絡することになります。

「内部告発」と「密告」の違いとは?

ここでは「内部告発」「密告」の違いを取り上げてみましょう。

「内部告発」の場合、会社などの組織が、犯している不正などを、組織に所属している人間が、警察などに教えることです。

「密告」とは、他人の行いを、密かに関係先へ、つげぐちをすることを表しております。

「内部告発」と「密告」の使い方の違い

この項目においては、「内部告発」「密告」の使い方の違いを説明します。

「内部告発」を使うときは、組織内の不正を、組織内の人間が、メディアなどに告発したときなどに使われることが多いのです。

「密告」を使う場合は、他人の悪行を、こっそりと関係先などに、つげぐちをするときに使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方

「内部告発された会社は、世間から叩かれ、倒産することもあるのだ」

「彼は正義感が強いので、会社の不正を、内部告発したようだ」

後者の使い方

「覚せい剤の売人を道端で見かけたので、所轄の警察署へ、密告しました」

「刑事達は、とある情報筋からの密告で、犯人を逮捕できたのだ」

「内部告発」を使った例文

ここでは「内部告発」を使った例文を書いていきます。

・『会社の悪行が、あまりにも目に余るので、内部告発するために資料を作成中です』

・『内部告発しようとしていた人が、何故か行方不明になってしまった。恐らく、圧力が、かけられたのだろう』

・『内部告発する方も、神経を遣うものだ』

・『内部告発を受けて、立ち直る会社もあれば、立ち直らずに衰退してしまう会社もあるのが、事実だ』

・『内部告発するには、確固たる証拠が必要なんだ。まだ、状況証拠しかないんだ』

「密告」を使った例文

最後の項目においては、「密告」を使った例文を書きます。

・『彼が覚せい剤を使っているので、匿名で警察署へ密告しました』

・『計画を密告したところ、彼らは何者かによって、殺されてしまったようだ』

・『何者かの密告によって逮捕された』

・『密告されても、反省もせずに、堂々と生きている輩もいる』

・『海で密漁を発見したので、保安庁へ密告しました』

まとめ

まとめとして、「内部告発」は、組織内の不正や違法行為などを、組織内の人間が告発することです。

主に、監督庁や警察機関やメディアへ告発することが多いでしょう。

「密告」の場合は、他人の悪行を、関係先へ、つげぐちすることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典