スポンサーリンク

「再起動」と「ログオフ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「再起動」と「ログオフ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「再起動」「ログオフ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「再起動」とは?

「再起動」は、端末のソフトウェアとハードウェアの両方を一度終了することです。

その為、パソコンでは、「再起動」は再度biosを通してパソコンの周辺機器に異常がないかどうかを調べてからソフトウェアであるOSを立ち上げます。

この時、biosが異常を検知した場合、「再起動」はならず、異常を知らせた通知がbiosから発せられ、エラー番号やどの周辺機器に異常があるかをbiosが知らせるのです。

「ログオフ」とは?

「ログオフ」は、ソフトウェアのみを狩猟してハードウェアの電源などは落とさないことです。

その上で、「ログオフ」は個別に端末のソフトウェアを終了することにあり、一台の端末に複数台のソフトウェアがある場合、自由に選択する形でソフトウェアを停止させます。

「再起動」と「ログオフ」の違い

「再起動」「ログオフ」の違いは、端末を完全に一度終了させているかソフトウェアだけを終了しているかです。

「再起動」は、ソフトとハードを終了し再度起動することで、「ログオフ」はOSなどのソフトの身を終了することです。

「再起動」の例文

・『ゲーム機の再起動』

この例は、ゲーム機に備えられている一度電源を落として再度起動させるモードを使用したという例です。

「再起動」は動作が不安定になった場合に使用する方法で、一度端末を振り出しに戻す効果があります。

「ログオフ」の例文

・『ゲーム機のアカウントをログオフする』

この例は、自分のアカウントをゲーム機から切り離すという例です。

ゲーム機も実は、自分のアカウントを管理することが可能で、個別にソフトウェアをゲーム機にダウンロードすることが可能で、アカウントを分ければ、個別にゲームソフトをダウンロードし、共有という形を取ることなく、各々専用のゲームを楽しむことができるのです。

アカウント間のゲームは共有されていないためダウンロードされたゲームはそのアカウント個人だけで楽しむ問う意味になります。

まとめ

「再起動」「ログオフ」の違いは、完全に一度端末を振り出しに戻して起動を試みるか、単にソフトウェアだけを切り離してしまうだけかです。

「再起動」は、端末が誤作動をした場合振り出しに戻す行為で、成功すれば端末は移乗動作を停止します。

「ログオフ」は、単に端末に備え付けてあるOSを切り離すだけでハードウェアは動作しており、アカウントという個別のソフトウェアの使用権を一時的に切り離すだけです。

その為、複数のアカウントがある場合、個別にアカウントを切り離す行為が「ログオフ」で、一つの端末で複数人が端末を使用する場合、各々が取るべき行為が「ログオフ」でこれを怠ると第3者が勝手に他人のアカウントを覗いたり操作したりする不正が起こり問題行為に発展しますので、必ず席を離れる場合は、「ログオフ」をしてアカウントにパスワードを設定するのが望ましいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典